« 『ゲーム的リアリズムの誕生』 | トップページ | 『「爆心地」の芸術』 »

2007年4月10日 (火)

アートフェア東京2007

Sr8329889

友人の松山賢氏http://blog.pineart.lolipop.jp/が出品してることもあって、見に行きました。
各ブースを端から丹念に見たので、かなり疲れてしまいました。
場内は撮影禁止だったので、各ブースで配布してたパンフの写真です。
韓国のKim, Chang Youngという人のこのシリーズが印象的でした。
http://amkorea.com/cgi-bin/news/board/ttboard.cgi?act=read&db=reply&page=7&idx=17
砂で描かれた砂の絵で、写真でも立体でもありません。

|

« 『ゲーム的リアリズムの誕生』 | トップページ | 『「爆心地」の芸術』 »

展覧会鑑賞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/204678/6058004

この記事へのトラックバック一覧です: アートフェア東京2007:

« 『ゲーム的リアリズムの誕生』 | トップページ | 『「爆心地」の芸術』 »