« アートフェア東京2007 | トップページ | 佐野陽一「vessel」 »

2007年4月11日 (水)

『「爆心地」の芸術』

Sr8329745

椹木野衣さんの本はなかなか読めなかったのですが、最近ポストモダンの概要がちょっと分かるようになって、その文脈でやっと読めるようになりました。
分析の切れ味が非常に鋭くて面白いです。

|

« アートフェア東京2007 | トップページ | 佐野陽一「vessel」 »

読書」カテゴリの記事

コメント

毎年、女子高の修学旅行のお供で長崎に行くのですが、キャピキャピと群れてた女子高生が原爆資料館に入館すると明らかに眼の輝きが変わるんです。友と群れてたのが、そこでは単独行動になったりします。
あそこに展示されてる原爆タイプは、ちゃんと観ておかなくては、始まりません。

投稿: TAKAO YAMADA | 2007年4月12日 (木) 00時30分

この本の「爆心地」と、「トマソン原爆タイプ」を結びつけることは、全く思いつきませんでしたw
この本でも赤瀬川原平は取り上げられてますが、それは「千円札裁判」についてですね。
芸術さくいんが犯罪になってしまった事実が、後に与えた影響についてです。

投稿: 糸崎 | 2007年4月12日 (木) 01時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/204678/6059124

この記事へのトラックバック一覧です: 『「爆心地」の芸術』:

« アートフェア東京2007 | トップページ | 佐野陽一「vessel」 »