« ■読書感想文 | トップページ | ■自分の愚かさを知る者 »

2007年5月25日 (金)

『人間は遺伝か環境か?遺伝的プログラム論』

Sr8331757

日高敏隆さんの本は、ページ数が住むないのに内容が濃いので素晴らしいです。
遺伝的プログラムというのは、どういうものかというと・・・

Ssr8330944

例えば、このコガタスズメバチはヒノキの樹皮を齧り取り、巣材を集めています。
「樹皮を齧りとって巣材にする」というのは、コガタスズメバチに書き込まれた「遺伝的プログラム」で、このハチもそれに従って行動しています。
しかし、具体的にどこに生えている何の木の樹皮を巣材にするのか、というところまでは遺伝的プログラムでは決まっていません。
だから、このハチも気まぐれとか成り行きによって、「この場所に生えている木」で巣材を集めています。
こうした生物の行動は「遺伝的プログラムの具体化」と呼ぶそうです。

Ssr8331937_1

これは種類が違うムモンホソアシナガバチですが、樹皮ではなく、木の葉の表面の繊維を巣材にします。
これも遺伝的プログラムに決まっていることで、だからスズメバチのように樹皮を巣材にすることは、絶対にないのです。
でも、どこに生えているどの木の葉を使うかという具体的なことまでは、遺伝的プログラムでは決まってません。
遺伝的プログラムは大まかな枠組みであり、遺伝的プログラムの具体化は、その時々の環境に左右されるわけです。

で、人間も同じように、人間固有の絶対普遍の遺伝的プログラムを、様々な形で具体化しながら生きている・・・そういう風に考えると、いろいろ見えてくるものがあるんじゃないでしょうか?とか、そんな感じです。

|

« ■読書感想文 | トップページ | ■自分の愚かさを知る者 »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/204678/6543329

この記事へのトラックバック一覧です: 『人間は遺伝か環境か?遺伝的プログラム論』:

« ■読書感想文 | トップページ | ■自分の愚かさを知る者 »