« 哲学者と芸術家 | トップページ | 「暴力にあふれる自然』と人間の国家 »

2009年4月13日 (月)

非人称芸術研究室

Sr8457443

(*写真と本文は関係ありません)

たびたびで申し訳ないのだが、このブログのタイトルを「ブリコラージュ芸術論」から「非人称芸術研究室」に変更しようと思う。
本当はブログのタイトルを頻繁に更新するのは、読者に混乱をもたらしてよくないのかもしれない。
しかし、このブログは自分にとって実験的要素が強く、内容や方針も徐々に変わりつつあるので、まぁ仕方ないかなと思う。

これまでのタイトルに使っていた「ブリコラージュ」という言葉は、独自性があって使い勝手も良いと思っていたのだけど、しかしあらためて本やネットなどを見ると割りと一般に使われている概念で、いまひとつ独自性があるとは言い難い。
それよりも、ぼくは自分のコンセプトは「非人称芸術」だと公言しているので、これをタイトルに入れるのが素直で分かりやすいのだ。
ただ、「非人称芸術」をタイトルに入れるとその言葉に拘束され、内容に広がりがなくなる恐れがあり、躊躇していたのだ。

特に最近実験している「普通の写真」は、「非人称芸術」とは別のコンセプトで撮影されており、これが混同されることが不安である。
まぁしかし、そもそも「非人称芸術」は誤解や無理解にさらされているわけで、いまさら瑣末な混同を恐れても仕方がない。
関係のない写真については、「*写真は本文と関係ありません」と言うクレジットを入れれば済む話だ。

それよりも躊躇していたのは、ぼくが「非人称芸術」の上位概念として「鑑賞主義」と言うコンセプトを考えていたのが大きな理由である。
しかし「鑑賞主義」はまだまだ考え中の概念であり、何より名前がマズくて分かりにくいと思う。
概念のネーミングと言うことであれば「非人称芸術」はなかなか良くできていると自分では思うし、だから当面は「非人称芸術」を前面に押し出しながらブログを書き進め、さらにその枠内から大幅にはみ出すようになったら次の事を考えればいいのではないかと思う。

あと、事実上休止状態になっている「ブログ2・2コマ写真」のことだが、どうもブログを3つ同時に更新し続けるのは今の自分にはどうも無理だし、このブログに統合したらどうかな?とも思っている。
「2コマ写真」はまさに「非人称芸術」のコンセプトに基づいているのでその意味では自然である。
しかしそうなると今度は「普通の写真」との混同がますますおきやすくなるかも知れず、まだちょっと迷っているのである。

|

« 哲学者と芸術家 | トップページ | 「暴力にあふれる自然』と人間の国家 »

コメント


普通の写真が絶妙に面白すぎたりするのが、困ったものですw
かくれんぼ アフタケア付き いじめかな?

投稿: TAKAO YAMADA | 2009年4月13日 (月) 23時30分

そうですね、困りましたねw
梅佳代さんの影響も受けてたりするんですが、彼女の写真は普通じゃありませんw

投稿: 糸崎 | 2009年4月14日 (火) 23時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/204678/29101181

この記事へのトラックバック一覧です: 非人称芸術研究室:

« 哲学者と芸術家 | トップページ | 「暴力にあふれる自然』と人間の国家 »