« 「一発屋」で終わらないための「構造主義」 | トップページ | 昔話 »

2010年12月 2日 (木)

芸術と犯罪

「反芸術」とは「芸術」に対する犯罪的行為である。
例えば印象派絵画は、アカデミズム絵画に対する犯罪的行為だといえる。

犯罪的芸術は成立するが、芸術的犯罪は成立しない。
なぜなら、犯罪は芸術になり得ないからである。

犯罪者の匂いのする芸術家による、犯罪の匂いがする芸術作品。
犯罪者の匂いのしない芸術家による、犯罪の匂いがしない芸術作品。
犯罪者の匂いのする芸術家による、犯罪の匂いがしない芸術作品。
犯罪者の匂いのしない芸術家による、犯罪の匂いがする芸術作品。

リアルな犯罪は芸術になり得ないが、リアルな芸術は犯罪的である。
リアルな精神病はリアルな芸術になり得るが、そのような芸術は長続きしない。

犯罪は悪であるが、合法的な範囲で「犯罪的」なことはむしろ善いこととされる場合がある。
芸術に限らず、世の中で大成功している人は、犯罪者ではないのはもちろんだが「犯罪者的」ではある。

犯罪的な善行や、犯罪者的な善人が存在する。
善行的な犯罪や、善人的な犯罪者も存在する。

犯罪者的な芸術家は、リアルな犯罪行為を人一倍憎悪する善意の人でもある。

__

|

« 「一発屋」で終わらないための「構造主義」 | トップページ | 昔話 »

アート論」カテゴリの記事

コメント


触る前からとろっとろでしたよ、あの子のオマンチョスは!!
ぬゅぷぬゅぷ気持ち良くて5分もたなかったわww
http://gc7j2x3.less.g-killing.net/gc7j2x3/

投稿: たまんねぇ~♪ | 2010年12月 2日 (木) 20時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/204678/37926656

この記事へのトラックバック一覧です: 芸術と犯罪:

« 「一発屋」で終わらないための「構造主義」 | トップページ | 昔話 »