« 大げさに考えなければ「芸術」は可能になる(方法論的反省) | トップページ | 麻薬的習慣性 »

2010年12月 5日 (日)

「方法論的反省」ではなく「反省」

Simg_0083

ぼくの「政治」へのスタンスは、10年以上前に読んだ呉智英の『封建主義者かく語りき』だったか…の受け売りで停止してる。
自分が理解している記憶に基づいて書くと、本来的に「プロフェッショナルな領域」には「素人」が口出しすることは出来ない。
例えば、プロの漁師の仕事ぶりに対し、素人の釣り人が口を挟む余地はまったく無い。
これは政治も同じであり、「政治のプロ」である政治家の仕事に対し、「政治の素人」である我々一般庶民がとやかく言う余地はないはずなのだ。
そもそも、一流大学を出ているわけでもない我々庶民は、プロ政治家を非難できるほど「頭が良い」のだろうか?
これは「一流大学を出ていない自分」を卑下しているわけではなく、「自分をわきまえる」ことを指している。
すなわち、自分をわきまえ、自分自身の「プロ仕事」に誇りを持つ人は、政治は「政治のプロ」に任せ、口出しするのを避けるのではないだろうか?
そう考えると、「政治の素人」であるにもかかわらず「政治のプロ」を非難をする人は、自分自身の「プロフェッショナルな仕事」を全う出来ているのか?疑問に思えてしまう。
自分の仕事に対し「素人の付け入る隙がない」と思えるほどの「誇り」を持つ人は、逆に自分が素人の立場にある「相手のプロの領分」には立ち入らないはずである。
この政治論は、本質的内容は異なるが、中島義道の「自分の専門である哲学以外の政治には一切興味が無い」と言う態度とも共通してて、自分にはしっくりくる。
また、ぼくは「純粋芸術」の立場から、社会風刺を表現したような、芸術を政治の手段に貶めたとおもえる作品が「大嫌い」だった。
と言う風に、ぼくの政治的態度は一貫してたのだが、これは明らかな「思考停止」に他ならず、やっぱり何か考えなきゃ…と思い始めた次第ですw
これは「方法論反省」ではなく、まさしく「反省」なのだが、この「反省」を反転して「方法的反省」に利用することはあるだろうと思う。

|

« 大げさに考えなければ「芸術」は可能になる(方法論的反省) | トップページ | 麻薬的習慣性 »

思想・哲学・宗教」カテゴリの記事

コメント


3発でまだ足りないって欲張りすぎだろ!!
俺の方が先に弾切れになっちゃったわ!!
http://jdn2brg.pai.fedrick.net/

投稿: んなアホな!? | 2010年12月 6日 (月) 02時48分

うろ覚えというより忘却の彼方から呼び起こしますと、エドワードサイードの『知識人とは何か』には、知識人とはアマチュアである、とあったような。
ここではアマチュアを、プロに劣るものではなく、本来の「愛好者」という意味から説き起こしてたような。

わたしは職場で「おまえプロだろ!」と言われるのが好きではありません。なんだか薄ーい札束で顔をはたかれているような気がするからです。(夏なら涼しくて結構ですが)

プロフェッショナルという言葉がもてはやされていますが、政治の世界こそプロよりアマチュアであるべきところなのでは?


投稿: ふ | 2010年12月 6日 (月) 20時54分

>ここではアマチュアを、プロに劣るものではなく、本来の「愛好者」という意味から説き起こしてたような。

同じことを、ぼくはこのブログで何度か書いたことがありますw
ぼくの場合は荒俣宏さん経由ですが、ダーウィンをはじめとする博物学者は皆「アマチュア=熱心な愛好者」であったと・・・

それに対して「プロ」は雇われ人ですから、「愛」が無くとも務まるわけです。
ただ、現実的には多くの場合は「プロでありアマチュア」なのだと思います。
やはり愛のない仕事をこなすのは張り合いがないし、また愛を持って仕事に取り組んでいるプロは人々に感謝され尊敬されるわけです。
もちろん、仕事への愛があふれすぎて、お客さんの要望をないがしろにしてしまっては、結局のところ独りよがりでプロ失格になります。
そして、コンビニやファミレスなどが仕事をマニュアル化するのは、店員を「愛のない純粋プロ」に仕立て上げようと、そう言う戦略なのかも知れませんw

>プロフェッショナルという言葉がもてはやされていますが、政治の世界こそプロよりアマチュアであるべきところなのでは?

政治は「政治家は儲からない」と言うくらいに給料を安くすれば、本当に政治をやりたい人が政治家になり、全て丸く収まる・・・と誰かが書いてました。
アートの世界も、有名になって儲かりすぎると「プロ化」してダメになると言うパターンがありますw

投稿: 糸崎 | 2010年12月 7日 (火) 01時09分

政治は「政治家は儲からない」と言うくらいに給料を安くすれば、本当に政治をやりたい人が政治家になり、全て丸く収まる・・・と誰かが書いてました。

同じ様なことを、わたしは小学生のころ石川英輔の「ポンコツUFO同乗記」で読んだような気がします。

いずれにせよ、プロの仕事を正しく評価するのは同業のプロではなくその愛好者だと思っています。
好きな言葉は「眼高手低」。(丁寧にご対応いただきありがとうございました)

投稿: ふ | 2010年12月 7日 (火) 20時10分

石川英輔という人は知りませんでした。
ウィキペディアで調べたら、「SF西遊記スタージンガー」というアニメのタイトルだけは知ってましたがw

投稿: 糸崎 | 2010年12月10日 (金) 01時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/204678/37971192

この記事へのトラックバック一覧です: 「方法論的反省」ではなく「反省」:

« 大げさに考えなければ「芸術」は可能になる(方法論的反省) | トップページ | 麻薬的習慣性 »