« モダニズムと構造主義 | トップページ | 貧乏人が適当に書くw必ず成功する実践ビジネス講座 »

2010年12月24日 (金)

カメラ操作のワンランクアップ術

カメラ使いの達人は、オートではなくマニュアルモードで使い、更にはオートモードを自在にコントロールする術を身につけている。
また、写真の入門者はカメラを「オートモード」ではなく「マニュアルモード」で使う方が、上達が早い。
一方、写真の上達に興味の無い人は、カメラをオートモードのみで使い、自分のカメラにマニュアルモードが備わっていること自体を知らない。
以上、「カメラ」を「自分」に置き換えても同じことである。

「自分」をオートモードのままで使うと、その思考は「独断論」になる。
独断論は思考ではなく、オートマチックな「習慣」である。
習慣に流されて損をしたり失敗したりしないためには、「自分」をマニュアルモードにして「思考」する必要がある。
とは言え、全ての場合においてマニュアルで思考するとキリがない。
だから習慣と思考を上手く使い分けるのが、「行動」するためのコツだと言える。

|

« モダニズムと構造主義 | トップページ | 貧乏人が適当に書くw必ず成功する実践ビジネス講座 »

アート論」カテゴリの記事

思想・哲学・宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/204678/38196832

この記事へのトラックバック一覧です: カメラ操作のワンランクアップ術:

« モダニズムと構造主義 | トップページ | 貧乏人が適当に書くw必ず成功する実践ビジネス講座 »