« 写真の「器」と「中身」 | トップページ | アートの「邪道」から「正道」へ »

2011年3月 7日 (月)

たまにはデジカメの話題だがX100

Sr0010163
こちらのブログでもたまにはカメラの話題を振ってみようと思うのだが、富士のFinePix X100である。
写真家のO西みつぐさんが持っていた「試作機」を、J.サイパルさんが撮影しているところで、この時は「ひみつ」と言われたのだが、発売日も過ぎたのでもう解禁だろう。
ちょっといじった感じでは期待に違わぬ素晴らしいカメラであった。
いや、デジカメは実際に写してみないとその良さは分からないのかも知れないが、しかしこの手のハイエンドデジカメは写りが良いのは当たり前なので、メカ的な「ギミック」や操作性こそが興味の対象になる。

その点、このX100は(写りとは直接は関係ない)ファインダーに最大の特徴があって面白い。
ライカM3を元祖とする「ブライトフレーム式ビューファインダー」と、最近の液晶技術とのハイブリッドであり、まさに「温故知新」の技術と言えるだろう。
光学ファインダーとしての見えはクリアで、ブライトフレームは液晶だけあって明るくシャープで、撮影情報の表示も豊富だ。
そして撮影すると、光学式ファインダーが一瞬にして液晶のプレビュー画面に切り替わるところも面白い。
まぁ、真面目に実用性を考えたら今さら「光学式」にこだわる必然はないのだが、しかし覗くだけで面白い、あるいは気持ちの良いファインダーというのはそれだけ「撮る気」にさせてくれるわけで、これもひとつの機能だと言えるだろう。

ただ、X100でぼくがちょっと気になった欠点は、AFを解除してMFに切り替えた際「距離情報」が表示されないことだ。
これだと例えば「ピント5m」に固定してさくさくスナップ撮影する・・・という用途には使えない。
この点はぼくが使っているオリンパスE-P1などマイクロフォーサーズカメラも同じであって、ちょっと不便だと思うことがある。
AFでピントを合わせると、その作動のための間が必ず空いてしまうのだ。
この点、リコーGXRはMF時に距離情報が表示されるので、ピント固定のスナップを楽しむことができる。

と言う点もあるのだが、X100は非常に野心的なカメラであり、ぼくもさらなる新しさを追求しなければ・・・と刺激を受けるのである(笑)

|

« 写真の「器」と「中身」 | トップページ | アートの「邪道」から「正道」へ »

日記」カテゴリの記事

コメント

マニュアルフォーカスってなんだっけ?と思い、フジのGA645のマニュアルをひっぱり出しました。
何々・・・露出はF9,5 距離を設定して、シャッター半押しでチャンスを待て、と。
絞り羽根も動かないからタイムラグ最小、連写OK。

鎌倉のワークショップでリコーのコンパクトカメラはいいよ〜とおすすめいただいてましたが、私には機能が複雑すぎで、距離計表示の出し方が分からない。
マニュアルフォーカス専用コンデジがほしいです。

投稿: ふ | 2011年3月 7日 (月) 23時10分

今日PlaceMでお話しさせて頂いた旭です。
展示へお越しいただき有り難う御座いました。

3つもブログを掛け持ちしていることに驚きました。
私もその活動的なところを見習わなければ。

X100はレトロな見た目に惚れたので機会があれば使ってみたいと思っております。

投稿: 旭 | 2011年3月 8日 (火) 00時10分

>ふ さん
>マニュアルフォーカスってなんだっけ?と思い、フジのGA645のマニュアルをひっぱり出しました。

ずいぶんマニアックなカメラを持ってるんですねw
リコーのデジカメは設定の仕方のコツを理解すれば簡単ですが、まったくの初心者にはちょっと難しいかも知れません。
お持ちの機種を教えていただければ、この場で簡単なアドバイスはできます。

>旭さん
実はぼく自身、路上観察系の写真からちょっと離れ気味だったので、今日はいい刺激になりました。
というか、東京造形大卒なんですね・・・ぼくも同じですがw
http://www.placem.com/schedule/2011/20110307/110307.html#mini

投稿: 糸崎 | 2011年3月 8日 (火) 01時06分

糸崎先生ありがとう。リコーのカメラは難しいので買っていないのですが、もし質問することがありましたらよろしくお願いします。
旭さんの、鳩に狙われている犬の写真が気に入りました。
鳩は凶暴ですね。
犬の置物の鉄棒も不思議な感じでいいです。
こういう写真はなかなか撮れそうで撮れないと思います。

投稿: ふ | 2011年3月 8日 (火) 21時10分

あっ、造形OBなんですか!じゃあ先輩ですね。
展示等を開催する際は是非教えて下さい。
たまにブログ覗きにきますね。

投稿: 旭 | 2011年3月 8日 (火) 23時59分

連投済みません。
ふ様もコメントありがとうございます。もっともっと精進します。

投稿: 旭 | 2011年3月 9日 (水) 00時01分

>ふ さん
>リコーのカメラは難しいので買っていないのですが、

そう言われると心外なのですがw、誤解を与えてしまって申し訳ないです(メーカーさんに対しても・・・)

正確には今時のデジカメは、どのメーカーのどの機種も、初心者にはきわめて簡単に扱えます。
初心者向けのコンパクトデジカメはもちろん、「プロ用デジタル一眼レフ最高機種」であっても、初心者がシャッターボタンを押すだけで簡単にキレイな写真が撮れてしまうようにできています。
つまりどんなデジカメにも「フルオートモード」が付いていて、このモードにセットすればピントも露出も(手ぶれ補正さえも)カメラが自動でやってくれます。

しかし「フルオート」を解除して、各種操作をマニュアル(手動)で行いたいとき、初心者向けと上級者向けデジカメで違いが出てきます。
総じて、初心者向けデジカメはフルオートを解除してマニュアル操作するのが「難しい」のであり、上級者向けデジカメになるとそれが「簡単」にできるのです。

例えば前回のワークショップの時、ある生徒さんに「露出補正」の仕方を教えようと思ったのですが、その方の持っていたコンパクトデジカメは露出補正が非常にやりにくい機種で、教えるのをあきらめたことがあります。
露出補正はいちおう可能なのですが、メニュー画面の切り替えがやりにくく、メーカーとしては「初心者はカメラのオート露出をひたすら信用すべし」という設計思想のようでした。
初心者には迷いがない方が良いのでしょうが、しかし例えば「逆光で建物や人物が暗く写ってしまう」と言った場合にはどうしようもないのです。

この点上級者向けデジカメは、「露出補正」も「マニュアル露出」も簡単に設定できるわけで、だからこそ「ちゃんとした写真を撮ろう」という人にとっては使いやすいのです(X100もその意味での上級者デジカメです)。
で、リコーのデジカメは、コンパクトデジカメにしては各種マニュアル操作が非常に「簡単」にできるのです。
ただ、操作に独自の「作法」があって、覚えるのがちょっと面倒だとは言えますが、それさえクリアできればこれほど「簡単」なデジカメはないと、ぼくには思えるのです。
まぁ、こだわらなければカメラなんかなんでも良いわけで、ぼくのiPhone4の内蔵カメラみたいに「オート以外何にもできないカメラ」もけっこう面白いかも・・・と思ったりしてますがw

投稿: 糸崎 | 2011年3月10日 (木) 00時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/204678/39137651

この記事へのトラックバック一覧です: たまにはデジカメの話題だがX100:

« 写真の「器」と「中身」 | トップページ | アートの「邪道」から「正道」へ »