« 東電の御用アーティスト | トップページ | 捨てる技術(できないけど) »

2011年5月 2日 (月)

希望は絶望の反転

Sp4180195

ぼくは最近、自分にも世の中にもすっかり絶望し切っているのだが、何事も真実を見つめると絶望するしかなく、そのような真の絶望を立脚点として、真の希望が生まれるのではないかと思っている。
希望は、絶望の反転として生じる。
だらかより深い絶望から、より前向きでかつ現実的な希望が生じる。
現実に実現可能な希望は、その反対の深い絶望に裏打ちされている。
絶望の裏打ちのない希望は、単なる楽観的イメージでしかなく、現実には何も生み出すことはない。

「希望は絶望の反転」という考えは、小浜逸郎『頭はよくならない』の影響が大きい。
どんな子供でも、努力すれば良い成績が取れるようになる、と言うのは嘘のイメージで、現実的には頭の良し悪しには個人差がある。
しかしその様な「現実」を受け入れず、根拠のない「イメージ」に囚われると、かえって現状が悪化する。
その人が「頭が良くない」のは天性だから、本人の責任ではない。
しかし「努力すればれでも頭は良くなる」という嘘を信じている人は、自分の頭の悪さを「努力が足りないせいだ」として自分を責めてしまう。
これでは精神をムダに擦り減らし、考える力がかえって萎縮してしまう。
だから「自分の頭は良くないし、良くならない」という「現実」を見据えることが重要で、そのような「健全なあきらめ」から、自分の能力を最大限に伸ばし、これを活かす道が見えてくる。
「頭はよくならない」という絶望を反転させると、そこに現実に実現可能な希望が生じる。

「自分は本気出してないだけで、やればできるんだ」などという希望的楽観論からは、何も生じない。
もちろん、単なる絶望からも何も生じない。
それは現実的な絶望を見据えているように見えて、新たな現実を生み出す原動力にはなり得ない。
世間には絶望に耽ってばかりの人も多いようだが、それを「反転」して希望に変えないと、現実的には意味がない。
自分が他人より頭が悪いことを気にしても仕方が無い。
他人と自分を比べるのではなく、仮に同じ「自分」が10人いたとして、その10人の「自分」の中で一番になるにはどうしたら良いのか?と考えるのは、イイかもしれない(笑)

以上、友人の写真家たちと飲んで「絶望を反転した希望」の話をしたらぜんぜん通じなくて、「絶望したら終わりだし、糸崎さんもぜんぜん絶望した顔してないじゃん!」と言われてしまったので、一連の考えをまとめてみまた。

|

« 東電の御用アーティスト | トップページ | 捨てる技術(できないけど) »

思想・哲学・宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/204678/39832467

この記事へのトラックバック一覧です: 希望は絶望の反転:

« 東電の御用アーティスト | トップページ | 捨てる技術(できないけど) »