« ガイガーカウンターで作品 | トップページ | 夕べの反省・自然体と無責任 »

2011年5月27日 (金)

「原発の安全」を信仰する国家宗教


こちらの動画の「原発推進派」の意見と・・・



こちらの動画の丸山眞男の主張を聞いてふと思ったんですが・・・

明治以降、戦前までの日本は天皇を崇拝する「国家神道」によって国民をまとめ国家を成立させていたのですが、しかし戦後は天皇にかわって「原発の安全」を崇拝する国家神道で国を成立させようとしてたのではないか・・・
「原発推進派」の意見をいろんな動画で見てると、「原発の安全」を微塵でも疑う事自体が罪だという態度であって、これは「科学」ではなく「信仰」であり「宗教的態度」という感じがするのです。
原発推進派は、科学者であるにもかかわらず「科学的思考」をねじ曲げて「原発の安全」を神のごとく絶対視し、それを前提に話をするわけですから、構造としては「宗教」です。

しかもそれが科学者個人の見解ではなく、政策の一環として語られるわけですから、まさに国家宗教であり「国家神道」の続きのように思えてしまいます。
東大で科学を修めたエリートが「科学的思考」をねじ曲げて「宗教的思考」によって語るわけですから、これはオウム真理教と同じです。
丸山眞男は上記の動画の中で、オウム真理教は日本の特殊事例ではなく、日本という国がそもそもオウム真理教的なのだ、という風に語っていますが、ぼくも全く同感です。
ぼくは地下鉄サリン事件があった当時、オウム真理教に興味を持って、オウムショップで機関誌やマンガを買って面白がっていましたが、それは自分なりにオウム真理教は現代日本社会を縮小して映し出す「凸面鏡」みたいなものだ、と思っていたからです。

たいていの日本人は自分を「無宗教」だと言いますが、しかしぼくには何かを信仰している巨大な宗教集団のように思えてしまう。
そしてぼく自身は、みんなと同じような「信仰」が持てないので、社会からの疎外感がある・・・
そして、その日本人が「何」を信仰しているのか、今ひとつ分からずもやもやとしてたのですが、しかし「原発の安全」という風に思うと、かなりスッキリするのです。
もちろん、「原発の安全」とは「天皇」と同じく「象徴」であって、日本人の宗教観の本質は丸山眞男が指摘するような、日本人の奥底にある「古層」にあるだろうとは思います(動画だけで著書はまだ読んでないのですが)。

ともかく、現代日本では「原発の安全」は疑うことが許されない「神」であって、それは311の原発事故発生後も変わった様子がないのです。
その証拠に、政府も、原子力安全保安員も、御用学者も、東京電力も、「ただちに影響はない」として事故の危険性を過小評価します。
また、SPEEDI(緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム)のデータを公開しなかったり、個人がガイガーカウンターを持つことが非常に難しい状況だったり、「原発の安全」を疑わせる要素は極力排除されます。
こういう状況に国民が暴動も起こさずに「政府が言ってるんなら安心だろう」などと思ってるのも、「原発の安全」がいまだに信仰として生きていることのあらわれではないかと思います。

政府が原発事故を過小評価し、情報を出し惜しみするのは「パニックを押さえるため」と言ってますが、それはどうもウソっぽくて、本当のところは「原発の安全」という信仰を国家規模で守り続けるためではないかと思うのです。
つまり戦後の日本は「政教分離」のハズなのに、実はそれは建前でしかなく、だからどうにも煮え切らない「変な感じ」がするのです。

東日本大震災の直後、海外から日本人がパニックにもならず暴動も起きない「行儀の良さ」「モラルの高さ」が非常に評価されました。
しかしそれは近代人として各自が自律してモラルが高いと言うより、日本人みんなが「原発の安全」に象徴されるような宗教を信仰していたためではないか・・・一般に、宗教をきちんと信仰している人は、行儀が良くモラルが高いのです。
そしてぼくはそのような信仰に今ひとつなじめず、だからある意味モラルが低くて行儀が悪い。
皆が嫌ってるオウム真理教に興味を持ったり、ガイガーカウンターを買って計測したり、戦前だったら「非国民」と言われそうなことをしてしまうのです。

もちろん現代日本では「非国民」という概念は無くなって、ぼくも警察に逮捕されることはないですが、しかし根底にあるものは戦前も現在も変わらないような気がするのです。
T.S.エリオットは「芸術そのものは決して進歩しないが、芸術の素材はいつも変わって同じだったことはない」と書いてますが(『文芸批評論』岩浪文庫P.11)、「芸術」を「日本という国」に入れ替えても意味が通じてしまうのではないかと思えてしまいます。


*この動画、最後はMADになってますのでその点のみ要注意です。

映画『猿の惑星』の猿は日本人の戯画化だという説がありますが、しかしぼくには『続・猿の惑星』に出てきた「地底人」こそが日本人だったということに思い当たるのです。
この地底人は人類の末裔で、猿の支配から逃れるために地下に閉じこもっているのです。
そして、彼ら自身は放射能の影響で顔がケロイド化しているにもかかわらず、核ミサイルを「神」とあがめる宗教を信仰しているのです。

いや、『猿の惑星』シリーズはアメリカとソ連の冷泉を背景に作られたので、「核ミサイル=神」はその両国の戯画化なんでしょうけど・・・
しかし第二次世界大戦後は世界全体として「神=核」になったと言えるわけで、その「神=核」のあり方が国家によって異なり、日本ならではの独自性がある、と言うことなんだろうと思います。
そしてチェルノブイリ事故があり、ソ連が解体され冷戦構造が終わって以降、世界的には「神=核」という信仰はかなり薄れてきた。
そんな中、日本では鎖国的に独自の「神=核」信仰を守り続けてきたのであり、それが現在の日本の状況ではないかと思うのです。

|

« ガイガーカウンターで作品 | トップページ | 夕べの反省・自然体と無責任 »

思想・哲学・宗教」カテゴリの記事

コメント

>>日本では鎖国的に独自の「神=核」信仰を守り続けてきたのであり、それが現在の日本の状況ではないかと思うのです。
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110528-OYT1T00619.htm
小泉さんのこういう発言を読売が報道するということは、
内田樹さんの、この意見も、陰謀論では済まされないかも、、
http://blog.tatsuru.com/2011/05/20_0900.php

原発の脅威との戦いによる、廃炉&新エネルギービジネス路線を確実なものにする為には、
9.11テロの脅威との戦いに身近の犠牲者が必要だった様に、
FUKUSIMAの目に見える犠牲者が必須なのか、、ww、、陰謀論であることを祈ります。

投稿: TAKAO YAMADA | 2011年5月28日 (土) 22時57分

いろいろ言いたいことはありすぎて(笑)

まず、これまでの糸崎さんの言葉遣いで言うなら核は宗教というより呪術のほうじゃないですか?
現世利益すぎます(笑)

社会的にはあらゆる職種がどこかでつながってるので、巨大な利益を生み出す原発の経済的恩恵を間接的にはほとんどの人が受けていて、
そう慮ると単純に原子力反対とか声にするのははばかる方が我が身が安全、というのが寡黙なお父さんたちの本音だと思いますが、
それはたぶん、なんだかおかしいなと思いながら、引っ張られて行った戦前の空気と共通している雰囲気はあるかもしれませんね。

かといって、推進派が狂信者集団で理解不能と考えるのは僕は危険だと思うので、推進派が頑張る理由は何だろうとずっと考えているのですが、
端的には原発ビジネスは既成の投資が巨大すぎて、おいそれとは捨てられないものなのだと思います。
エネルギーコストも当面火力で置き換えることがことさらコスト高なわけではなく、
既に投資の結果として「ある」原子炉を使わずに別途燃料を購入するという「無駄」の発生が経済面だけから見た思考的にはありえないのでしょう。
止めたからといって冷やし続ける必要はあり、震災等のリスクが「ただちに」なくなるわけではないですから。
まえにYAMADAさんがヨルダンの記事を紹介して下さりましたが、既に投資の結果としてある原発技術を海外に輸出したいという
もくろみも大きいことはフランスの姿勢からも伺えますね。

内田さんのAERAの記事は読んだのですが、全部アメリカの要求って言うのは考え過ぎじゃないかと思いました。
単に神のお告げを聞く人が福島とか浜岡とかだと自分たちも危ないと思っただけでしょう。しぶしぶ従う振りをしているように見えます。
そうでなければ、目に見える犠牲者が彼らには足りてないのかもしれませんね。

投稿: schlegel | 2011年5月29日 (日) 11時22分

あと、小出さんはぼくも尊敬しているのですが、
プルトニウムはあまり論点にしない方が良い気がしています。
プルサーマルの問題の多くは再処理過程で「低線量」放射性物質を海に流すことだと思うのですが、
原子炉の危険性がどの程度増大するかは未知数的なファクターが大きく、議論が成立しにくいですから。
ただ「融点が低いから溶け易いと言えないことは中学生でもわかる」
とか言ってる推進派の人は潜熱を習ったばかりで得意になっている子供のようで、
もう一度学校に行ってよく勉強し直してほしいと思いましたけど。

投稿: schlegel | 2011年5月29日 (日) 11時40分

>TAKAO YAMADAさん

陰謀論はそれこそ人工地震とかHAARPとか色々ありますがw、今の現実があまりに荒唐無稽すぎて(特に政府の対応)、これ以上いったいどんな「真実」が隠されていようと今さら驚かないでしょう……
簡単に言うと、「現代文明」とは一皮剥けば「野蛮」であって、今はそれがむき出しの状態というか、いやぼくがこれまで世間知らずすぎたのかも知れませんが……

>schlegelさん

>まず、これまでの糸崎さんの言葉遣いで言うなら核は宗教というより呪術のほうじゃないですか?
>現世利益すぎます(笑)

実はぼく自身、「宗教」と「呪術」の違いがよく分からず、「呪術は何となく分かるけど、宗教ってなんだろう?」としばらく勉強しながら考えてました。
それで分かってきたのは、宗教と呪術ではまず「規模」が違うということです。
文明以前、人類が自然の中でひっそりと狩猟採集生活を行っていた時代、人々は「群れ」の単位に分散して生活し、その少人数の群れで信仰されていたのが「呪術」です。
しかし、農業によって人々が大集団で生活するようになると、さらに大勢の人々をまとめるための新しいタイプの信仰が必要になります。
それが「宗教」なのですが、宗教は国家規模の数の人々の考えをひとまとめにするため、個々の呪術の違いを超えた「永遠」とか「絶対」とか「普遍」を目指すわけです。

ところが崇高なはずの宗教は、ちょっと気を抜くとすぐ手前勝手な「呪術」に堕してしまい、人々は私利私欲に走るようになります。
『旧約聖書』はこの点を非常に厳しく戒めており、神様は何度も怒って民に制裁を加えるのです。
さらにキリストは呪術に堕した当時のユダヤ教(パリサイ人)を批判し、プロテスタントは呪術に堕したカソリックを批判し……と、歴史は続いてきたのではないかと思うのです。

そして近代になって、それまでの宗教の役目が「科学」に成り代わったというのは、宗教が追い求めていた普遍性を「科学」がより確からしく実現していたからであり、これによって国家を超えた国際規模の人々の考えをひとまとめにすることが出来るようになったわけです。
簡単に言うと、ヨーロッパ人にキリスト教を無理強いされて「イヤだ!」と言っていた国家も、「科学」であればすんなりと受け入れることが出来るわけです。
ところが、そんな「科学」もちょっと気を抜くとすぐに非科学的な「宗教」に先祖返りしてしまいます。
もちろんその宗教も呪術に先祖返りしてしまうわけですが、しかし、「原発の安全」に象徴されるある種の信仰は、日本人の多くに共通して見受けられるようにぼくには思え、だから「宗教」だという気がどうしてもしてしまうのです。
この場合そのような「宗教」が実在するかどうかではなく、ひとつのものの見方、説明の可能性のひとつを示したつもりです。

いっぽうで、ぼくは以前「科学とはより確実性の高い呪術に過ぎない」と書きましたが、これはまた別の文脈です。
ガイガーカウンターにしても、説明書通りに儀式をして呪文を唱えなければ、きちんとした計測は出来ないのです(笑)
そして、『旧約聖書』に描かれた呪術師を打ち破った「神の奇跡」は科学をも超越しているのであり、だから科学者といえども最後は「祈る」しかないのです。
いずれにしろぼくとしては、呪術、宗教、科学、哲学、芸術、などはそれぞれ個別でありながら、どこかでなだらかに連続して区別がないのであり、そのように捉えた方がしっくりくるのです。
そうした方が、何でも「芸術」に関連づけて考えられるからなのかも知れません。

>社会的にはあらゆる職種がどこかでつながってるので、巨大な利益を生み出す原発の経済的恩恵を間接的にはほとんどの人が受けていて、
>そう慮ると単純に原子力反対とか声にするのははばかる方が我が身が安全、というのが寡黙なお父さんたちの本音だと思いますが、
>それはたぶん、なんだかおかしいなと思いながら、引っ張られて行った戦前の空気と共通している雰囲気はあるかもしれませんね。

>かといって、推進派が狂信者集団で理解不能と考えるのは僕は危険だと思うので、推進派が頑張る理由は何だろうとずっと考えているのですが、
>端的には原発ビジネスは既成の投資が巨大すぎて、おいそれとは捨てられないものなのだと思います。

この説明はもっともで、一般にも説得力があるだろうと思います。
しかしぼくとしてはどうしても別の切り口でも考えてみたいわけでして、特に丸山眞男が動画で言っていた「古層」の概念に非常に惹かれてしまいます。
「狂信者集団」というのも呪術的な「群れ」なのであり、丸山眞男の「古層」はもっと広い範囲を指しており、ぼく自身も恐らくその上に乗っかっているんだろうと思います。

投稿: 糸崎 | 2011年5月30日 (月) 01時01分

原発に対する両極端な考え方は構造主義的に言えば世界観の枠組み(物語り)の違いですし、危険神話を否定するのは不可能ですが安全神話はたった一例で覆るのは論理の基本で、それが現実になってしまったわけです。

「細々とした具体的な事実からしか全体像は見えない」と言ったのは誰だったか忘れましたが、福島第一原発の吉田所長は現場を熟知している自信が感じられますが東電の経営幹部は責任回避だけの自信のなさが感じられます。

観察事実を重視する人は狂信者にはなり得ないのではないでしょうか、そういう意味で原発推進の御用学者たちは科学者を名乗るには無責任な恥ずべき存在だと思います。

戦争責任についての丸山眞男の洞察はその通りだと思います、教師だった私の父は「お国のために死んで来い」というのに反発して「生きて帰ってお国のために働け」と言ったのを生徒の父兄に軍部にチクられて国内に居られなくなって台湾に逃げたぐらいですから、国際感覚がない「古層」が存在していたのは事実ですし、今も残っているような気がします。

投稿: 遊星人 | 2011年5月31日 (火) 17時29分

>遊星人さん

すいません、一度返信を書いたはずですが、反映されてませんでした。

>教師だった私の父は「お国のために死んで来い」というのに反発して「生きて帰ってお国のために働け」と言ったのを生徒の父兄に軍部にチクられて国内に居られなくなって台湾に逃げたぐらいですから

素晴らしいお父さんですねw
ぼくの父はその意味では凡庸だったんじゃないかと思います(自分が成人する頃に死んだのでよく知りませんが)

それにしても昔は「お国のために死んで来い」と言われ皆の尊敬を集めていて、それはチェルノブイリ事故の時も同じだったそうですが、現在の日本ではその事自体が隠蔽され、何なんだろうかと不思議に思います。

投稿: 糸崎 | 2011年6月 4日 (土) 09時46分

>「生きて帰ってお国のために働け」と言った
ほんとうに勇気のある行動ですね。
>現在の日本ではその事自体が隠蔽され、何なんだろうかと不思議に思います。
これは僕も考え続けています。
日本教の重要な教義は安全主義、安全絶対の安全以外は「あってはならない」教だとおもいますが、
職務のために死ぬこと、もあってはならない1つの事象と言えるのかも知れません。

凶事があると(なくても)大臣が辞めるのは中国古来より伝わる重要な教義のひとつですね(笑)
タブーに挑戦するのもひとつの勇気かも知れないと思っています。

投稿: schlegel | 2011年6月 4日 (土) 11時37分

>職務のために死ぬこと、もあってはならない1つの事象と言えるのかも知れません。

第二次大戦は日本が望んで参戦したのに対し、原発事故は望んで起きたことではないですね。

あるいは子供に見せてはならないことがあるように、国民にも見せてはならないことがあって、国家は国民全体を子供のように守ってくれてるのかも知れません。
もちろんその類の優しさが「心地良い」と感じる人から「はらわた煮えくりかえる」人までさまざまなんでしょうが。

投稿: 糸崎 | 2011年6月 4日 (土) 14時03分

父を例に出したのは「お国のために死んで来い」というのは論理的には死ぬことと引き換えに国が救われる場合にだけ成り立つことで、無駄死にしたって意味がないというアタリマエのことが消えて「死ぬこと」が「お国のため」と同格になっている異常さがまかり通っていたことを言いたかっただけですが、褒めてもらったついでに凡人の自慢させてもらいます(笑)

榎本滋民さん(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A6%8E%E6%9C%AC%E6%BB%8B%E6%B0%91)はその頃の教え子だったのですが、実は父が死んだ後に頂いた手紙に、かつて新国劇で上演した「同期の桜」に登場する反戦教師の「バクテリア先生」のモデルは私の父なのだと書いてあって知ったことで生前の父から直接聴いたことではありません。
その榎本慈民さんは五稜郭の榎本武揚の孫であることをなぜか黙り通した方で、「自分を語らない」のはかつては武家に育った者のたしなみだったのかもしれませんが、その感覚はよく分かりません。

だとすれば私の場合は武士精神が伝わっていないのは確実ですが(笑)、榎本先生は著述家でありながらなぜ榎本武揚を書かなかったんだろうかと思います、身内のことには客観的になれなかったのかもしれませんが、歴史上極めて稀なユートピア思想の持ち主だったと思われる人物の生身の姿を生前に聞いておけなかったのが残念です。

投稿: 遊星人 | 2011年6月 5日 (日) 17時34分

>その榎本慈民さんは五稜郭の榎本武揚の孫であることをなぜか黙り通した方で、「自分を語らない」のはかつては武家に育った者のたしなみだったのかもしれませんが、その感覚はよく分かりません。

知らない名前…教養が無くてスイマセン、精進します。
しかし新約聖書にはキリストが奇蹟を起こし「このことは誰にも言ってはいけない」と口止めしたと書かれてますが、じゃあそれが何で書かれているかはナゾですw

投稿: 糸崎 | 2011年6月 5日 (日) 19時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ガイガーカウンターで作品 | トップページ | 夕べの反省・自然体と無責任 »