« 裸の王様とソクラテス | トップページ | 写真の歴史は美術の歴史 »

2011年6月 5日 (日)

誤植と悟り

S_8571280

Wed, May 25

10:09 PENTAX645Dは路上でも軽快、快調にシャキシャキ撮れる。撮影が楽しくなってどんどんシャッターを押してしまう。と言うか、シャッターの感触が依存症を引き起こす…もうすっかり手放せなくなってしまったが、終末には返却しないといけないw

10:25 誤植してた…終末って…その時はカメラどころか「全部」返さないといけません…

10:31 全ての持ち物はレンタル品であり、それどころか人間の全てがレンタル品だったのか…死んだら全部返さないといけない!

10:34 ブッダの教えとは、全てはレンタル品であり、だから執着してはならない、と言う事だったのか…

10:39 言葉とは本質的にレンタル品で、言葉を使った思考もレンタル品で、「自分の言葉」などと言うものはない。

10:47 「自分の言葉で語る」とはレンタル品である言葉を「使う」事であり、いっぽう「自分の言葉で語りなさい」とたしなめられる人は、レンタル品である言葉を持ってはいても「使ってない」。パソコンも持ってるだけで使わない人はいくらでもいるわけで、それと同じこと…

|

« 裸の王様とソクラテス | トップページ | 写真の歴史は美術の歴史 »

思想・哲学・宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 裸の王様とソクラテス | トップページ | 写真の歴史は美術の歴史 »