« 写真の歴史は美術の歴史 | トップページ | 知識の骨格 »

2011年6月 5日 (日)

極端と中庸

Sp6057871

Sat, May 28

11:23 @asakasaku さんのリツイートを連続したけど惹かれる…いろんな立場や見解があるのでさまざまな「極端」を取り入れ自分なりの「中庸」を探るしかない。 尊敬する @tokaiama さんと @iiyama16 さんが仲悪いのもw双方「極端」だから。もちろん、ぼくの中庸も他人にとっては「極端」になる。

11:51 誰の考えが「極端」なのか?ではなく自分にとって他人の考えは全て「極端」でしかない。だから誰か特定の人の考えだけを採用すると、自分が「極端」に偏ってしまう。さまざまに異なる「極端」を取り入れ自分なりの「中庸」のバランスを取るのは、いろんな種類の栄養を摂り健康のバランスを取るのと同じ。

11:54 自分にとって他人の考えは全て「極端」でしかない。という考えもずいぶん「極端」だw

11:57 「中庸」とは何も自分オリジナルの考えである必要はなく、「中庸」の結果、誰か特定の人の考えを採用するのは良くあることだと思うし、けっきょくのところ自分もそうなってるっぽい。

12:02 自分がいわゆる「反原発カルト」で、放射能の危険を煽ったりするのが自分の「趣味」であることを自覚すれば、その限りにおいて暴走せずにコントロールできる…ハズである。

12:30 危機感を煽る人は、実際に危機が起きることを待ち望んでいる…と内田樹さんも書いてた。もちろんぼくも待ち望んでるし、せっかく買ったガイガーカウンターの数値が上がると興奮するwとは言え同時に恐ろしいと思うし、何事もないことも望んでるし、そう言う「矛盾」を自覚する必要はあると思うわけです。

|

« 写真の歴史は美術の歴史 | トップページ | 知識の骨格 »

思想・哲学・宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 写真の歴史は美術の歴史 | トップページ | 知識の骨格 »