« 知識の骨格 | トップページ | 『原色日本の美術』を見る »

2011年6月 6日 (月)

『孟子』メモ

Sr8571425

Tue, May 03

19:31 『孟子』読み始めたけど、初っ端に「王様や役人や庶民の誰もが自分の利益を貪り、仁義を忘れていると、必ず国家は滅亡してしまう」というような事が書いてある…ニッポンオワタ\(^o^)/

19:45 「五十歩百歩」は孟子の言葉だったのか…これマメなw

20:20 孟子が王様に「民が餓死しても、“自分の政治が悪いのではなく、飢饉が悪いのだ”とすましているのは、自分が他人を刺しておいて“殺したのは刃物だ”と白々しく言うのと同じです」みたいに説いていて、泣けてくるw

20:53 技術は進歩しても歴史は繰り返す不思議…

22:07 力が出せるのに出し惜しみ、見えているのに見えないフリ…あれができるならこれもできるハズ…と、孟子さまが申してますw

Wed, May 04

14:42 アーティストがアートによって民を幸福にする立場なのであれば、孟子の王に対するアドバイスも役立てることができるかもしれない。

15:38 民主主義では誰もが君主で同時に民だから、儒教の君主論は役に立つ。これ豆なw

|

« 知識の骨格 | トップページ | 『原色日本の美術』を見る »

思想・哲学・宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 知識の骨格 | トップページ | 『原色日本の美術』を見る »