« 綿密と行き当たりばったり | トップページ | 殺し合いにならない議論 »

2011年8月 2日 (火)

エスタブリッシュメント種とホルスタイン種

日本のエスタブリッシュメントは自分たちを「エスタブリッシュメント」と言う品種と捉え、その他を「ホルスタイン」や「黒毛和牛」くらいに思っている。と、この記事を見て思ってしまった。http://www.globe-walkers.com/ohno/interview/loganovski.html

人類の大半は「ホルスタイン種」で占められ、ごく一部の「エスタブリッシュメント種」がそれを支配している。と、この記事を見て思ってしまった。http://eritokyo.jp/independent/aoyama-fnp121..html

自分もエスタブリッシュメント種の仲間入りをすれば「勝ち組」になれる…ホルスタイン種にそう思わせることで、エスタブリッシュメント種は彼らを支配している。と、ホリエモンのことなど思い出してしまった。

エスタブリッシュメント種も、ホルスタイン種も「品種として固定されている」点は共通している。そしてこの他に、人類には臨機応変に考え方や生き方を変えられる「人間」が存在する。と言うことは、昔の哲学書や宗教書を読めば分かる。

もちろんぼくも完全な「人間」とは言えず、自分の中に「ホルスタイン種」が棲み着いている。

|

« 綿密と行き当たりばったり | トップページ | 殺し合いにならない議論 »

思想・哲学・宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 綿密と行き当たりばったり | トップページ | 殺し合いにならない議論 »