« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月 6日 (金)

松本市立美術館の草間弥生

まつもと市民芸術館のはす向かいにある、松本市立美術館
その正面に設置された草間弥生のモニュメント「幻の花」。
ニキ・ド・サンファルと似てると思ったけど、ちょっと違うか?w

超広角レンズで撮ると「広角マクロ」みたいに撮れて楽しいw

あと、水玉のマネキンとか・・・

 
自販機も水玉だったり・・・

しかし水玉カンが非売品なのはかなりのガッカリポイントw

まつもと市民芸術館の喫茶店の窓から見えたバスも、水玉模様でした。 
ちなみに、案内してくれた地元在住の友人は「草間弥生はどこが良いのか分からない。」と言ってました。
理由は「知的障害児の絵は、大抵構図を考えずに画面を埋め尽くすように描かれ、草間弥生もその典型なだけで珍しくもない。」というものでした。
なかなか冷静な意見で、確かに一理あります・・・

RICOH GXR A12 MOUNT / COSINA 12mm f5.6(18mm equiv)

| | コメント (0)

伊東豊雄の「まつもと市民文化芸術館」



1月5日ですが、長野の実家から東京への帰り、松本市の「まつもと市民芸術館」を観に行きました。 伊東豊雄建築事務所設計で、2004年開館だそうです。
 


緩やかなカーブの壁面が特徴・・・
 
西日の照り返しが美しいです。 壁面には不定型な窓がぽつぽつと埋められてます。 



非常に美しいエントランス。 ぽつぽつの窓も利いてます。 



カーブと直線で構成された階段、ステキです。 



階段の脇にはベルトコンベアの「動く坂道」が付いてます。 ちょっと一生懸命動いてる感があって、電力喰ってそうですw 



磨りガラスの合間に、透明ガラスもはめ込まれてます。 



窓が光ってきれい、と素直に思いますw 



こんな椅子もありました。 水たまりのイメージでしょうか? 



喫茶店の天井からは滴が落ちてます。 



屋上は庭園になっていて、これまたステキ・・・ 



と言う具合に大変素晴らしい建築ですが、実は決定的な欠点があります。 何とこの建築はコンサートホールであるにもかかわらず、駐車場を備えてないのです。
写真では分かりにくいですが、車で来た人はまずこの建物の事務所で「駐車券」を購入し、それから離れた場所の駐車場に行ってゲートを開けなければならないのです。
というふうに実に面倒くさくて、誰も利用してないよと地元の友人は言ってましたw 

RICOH GXR A12 MOUNT / COSINA 12mm f5.6(18mm equv)

| | コメント (0)

2012年1月 1日 (日)

超芸術トマソン・無用階段

昨日の大晦日ですが、竜王駅前で「超芸術トマソン・無用階段」を見つけました。

Sr8619669

Sr8619667
Sr8619670
Sr8619671

 *RICOH GXR A12MOUNT / COCINA 12mm F5.6(18mm equiv)

無用階段の向こうに、安藤忠雄設計の竜王駅が見えます。
この駅前再開発によって土地が削られ、階段がちょん切られているように思えますが、階段先を遮っている柵自体も古いもののようで、再開発以前からこの階段はトマソン化していたのかも知れません。

しかしあらためて安藤忠雄の「芸術建築」と比較することで、赤瀬川さんが提唱する「超芸術」が果たして妥当なのか?という疑問も湧いてきました。
それは同時に自分が提唱する「非人称芸術」という概念の妥当性への疑問でもあります。
つまりそれは「芸術とは何か?」という定義の問題なのですが、いずれそれについて書いてみたいと思ってます。

| | コメント (0)

安藤忠雄の竜王駅

明けましておめでとうございます。
更新頻度の少ないブログにもかかわらず、昨年も多数の方にご訪問いただき、ありがとうございます。
今年もよろしくお願いします。 
さて、昨日の大晦日は安藤忠雄設計の竜王駅を観てきました。 彦坂尚嘉さんのブログで紹介されてたのですが、長野に帰省する途中で寄れることが判明したのです。
 

 *RICOH GXR A12MOUNT / COCINA 12mm F5.6(18mm equiv)

写真をいっぱい撮ってしまいましたが、ものすごくカッコ良くて立派な駅舎で驚きました。
こんなにスゴイ建築なのに「駅舎」以上の機能がない、と言うのがまさに純粋な「建築」なんですね。
という当たり前のことを、あらためて思ったり・・・
いや実は、電車の中で本を読んでたら竜王を通り過ぎて長坂まで来てしまい、再び上り電車に乗って引き返したのですが、それだけの甲斐がありました(笑)

ともかく、駅舎そのものが鑑賞物になるのであれば、それ以外の鑑賞(観光)のための施設を作る必要が無く、一石二鳥と言えるのかもしれません。
実際ぼく自身も、この竜王駅はまたぜひ来たいと思ったし、みんなにも観に行って欲しいと思いました。
が、駅を降りると周囲は単なる田舎町でお店はほとんど無く、一件だけあったラーメン屋さんだったかも年末で閉まってて腹減った・・・(笑)
しかし、近くの川を護岸工事するなどしてるので、これから開発されるのかも知れません。
いずれにしろこの先が楽しみです。

| | コメント (2)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »