« 伊東豊雄の「まつもと市民文化芸術館」 | トップページ | フランスに向けて「昆虫と原発事故」のメッセージ »

2012年1月 6日 (金)

松本市立美術館の草間弥生

まつもと市民芸術館のはす向かいにある、松本市立美術館
その正面に設置された草間弥生のモニュメント「幻の花」。
ニキ・ド・サンファルと似てると思ったけど、ちょっと違うか?w

超広角レンズで撮ると「広角マクロ」みたいに撮れて楽しいw

あと、水玉のマネキンとか・・・

 
自販機も水玉だったり・・・

しかし水玉カンが非売品なのはかなりのガッカリポイントw

まつもと市民芸術館の喫茶店の窓から見えたバスも、水玉模様でした。 
ちなみに、案内してくれた地元在住の友人は「草間弥生はどこが良いのか分からない。」と言ってました。
理由は「知的障害児の絵は、大抵構図を考えずに画面を埋め尽くすように描かれ、草間弥生もその典型なだけで珍しくもない。」というものでした。
なかなか冷静な意見で、確かに一理あります・・・

RICOH GXR A12 MOUNT / COSINA 12mm f5.6(18mm equiv)

|

« 伊東豊雄の「まつもと市民文化芸術館」 | トップページ | フランスに向けて「昆虫と原発事故」のメッセージ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。