« 嫌いな人が好きになれるお経w | トップページ | 『みんなの森』のお話 »

2012年5月18日 (金)

同調圧力と生贄

相手がどんなタイプの人間か分かっていて、相手がどんなタイプのひどいことをしそうな人間なのか把握できているならば、その範囲でどんな酷い事をされても怒ったり傷つく事はない。
だからこそ、様々に異なる人間から同一のパターンを抽出し、分類し、レッテルを貼って整理する必要があるのだ。

人間の精神は極めて複雑な要素からなり、だからこそ人それぞれ驚くほど多様である。
しかしだからこそその一方で、一定数の極めて似通った赤の他人も存在する。
つまり、人間はお互い異なる要素と似通った要素が混在し、どこが違ってどこが同じかも人同士によって異なる。それが同じ人間同士での、悩みやトラブルの種になる。

人間はお互い異なる要素と似通った要素が混在し、それが人間関係を複雑にしトラブルを生み出す。
これを解消する一つの方法として、あらゆる差異を抑圧する「同調圧力」が存在する。
それは実のところ、同調圧力からはみ出す「生贄」の犠牲の上に成り立っている。

「同調圧力」のための「生贄」となることは、多くの人にとって最大の恐怖である。
だからそこからはみ出ないよう様々に画策し、全エネルギーを注いで努力し続ける。
だが一方で、自ら進んで「生贄」を買って出る人間も、必ず存在する。

なぜなら単なる犠牲は無意味だが、「生贄」には「社会を支える」という意味があるからだ。
それでソクラテスもキリストも命を落としたのであり、哲学者や宗教者のみならず、アーティストとは本来、そのように身を挺して社会を支える存在なのである。

|

« 嫌いな人が好きになれるお経w | トップページ | 『みんなの森』のお話 »

思想・哲学・宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 嫌いな人が好きになれるお経w | トップページ | 『みんなの森』のお話 »