« デザインと問題解決 | トップページ | 糸崎公朗写真展『反ー反写真』TAPギャラリー会場写真 »

2012年5月25日 (金)

問題解決と鍋の蓋

現実世界とは実に複雑であり、人間も自分を含め実に複雑精密であり、しかも人それぞれ多種多様である。
だから世界を「ありのまま」に見ようとすればするほど、本当の意味での問題解決などあり得ず、世界には絶望しか存在しない。

世界に対し、正直に、誠実に向き合うと、そこには絶望しか存在しない。
その絶望に、真正面から向き合うことが、アートであり、哲学なのだ。

だから世界を「自分の分かる言葉」に置き換え、納得することで問題解決を図る方法論は、一種の詐術にすぎない。
しかし人間は誰でも《想像界》という詐術の世界に生きるので、詐術としての問題解決は(逆説的だが)現実的に有効なのである。

つまりあらゆる問題解決の方法は、デザインにしろ、現代思想にしろ《想像界》において作動する。
これに対しアートや哲学は《想像界》の外部で作動する。
世界認識とは《想像界》の否定であり、それが般若心経の「色即是空」なのである。

そして、アートとは実に、《想像界》の否定という逆説の上に成立している。
例えば、仏教もキリスト教も「偶像の否定」を明確に説いているが、後の時代に仏教美術もキリスト教美術も発生し公認され、そのような矛盾の上にアートは成立し、その矛盾に向き合う事が「世界認識」としてのアートなのだ。
あるいは古代ギリシアの大哲学者ソクラテスはアートを「一段低いものである」と説いたが、ルネッサンスの大芸術家レオナルド・ダ・ヴィンチはそれを踏まえながらアートを「一段高いもの」へと押し上げたのだ。

****

相手が自分に対し、どれだけの量の嘘をついているのかをよく観察すること。
そうすれば、自分が相手に対し誠実に接することが、必ずしも相手のためになるわけではないことが、了解できる。

「いかに考えるか?」と「いかに考えないか?」を同時進行させ、「いかに真実を語るか?」と「いかに嘘をつくか?」を同時進行させること。

「真実」は《想像界》の内に存在しない。
「誠実さ」も《想像界》の内に存在しない。
それらは《想像界》を打ち破るものであり、《想像界》を「現実」と思いなして生きる人は、誰もそれを望んではいないのである。

《想像界》の精神のみに生きる人たちに対し、《象徴界》の言葉を投げかけることは無意味であるばかりでなく、無用なトラブルの元になる。
《想像界》の精神に生きる人に対しては《想像界》の言葉だけを投げかける事が有効で、しかも《想像界》の言葉とは、「嘘」であり「詐術」であり「真実」ではないのである。

孫子は『兵法』で「敵に勝つためには、まず相手のことをよく調べる事」と述べているように、問題解決のためには対象物を調べ良く認識することが重要である。
しかし物事を真面目に認識すればするほど、あらゆる問題解決は詐術に過ぎない事が明らかとなる。

世界を詳しく調べれば、調べた分だけ問題は解決する。
しかし調べた分だけ、問題が解決不可能であることも明らかになる。

あらゆる問題解決は鍋の蓋のようなもので、鍋の中身の問題そのものは決して消去できない。
例えば、人間は自分を変えることはできても、世界そのものや他人を変えることはできない。
自分にしても、可能な範囲内でしか変えることができず、せいぜい「鍋の蓋」でしかないのだ。

****

あらゆる苦悩は《想像界》との対決にあり、《想像界》の内部での苦悩はたとえそれが自殺に至ったとしても、真の苦悩とは言えない。
《想像界》の中で悩んだフリをして、自己満足の内に自殺する人がいる。
少なくとも自分の父親がそうであり、その意味では幸せな人だったと言える。
自分への死刑宣告を甘んじて受け入れた、ソクラテスやキリストと比べるべくもない。
つまり自分の「小さな都合」で自殺するのと、ソクラテスやキリストのように「大きなものを背負って」死を選ぶのは、意味が違う。

ソクラテスについては、プラトンの著書を読めばわかるとおり、積極的に死を選んだのではなく、「逃げない」ことを決意した結果、死刑を受け入れたに過ぎない。
だから「逃げる」ことの結果としての自殺は道場に値しないし、実に大したことでもないのである。と、考えることもできる。

「逃げる」という結果として自殺したり、「逃げる」という結果として死から逃れることがある。
また「逃げない」という結果として自殺を思いとどまったり、「逃げない」という結果としてしを受け入れる場合もある。

「弱い人」についての解決策は「強い人になる」と「弱い人のまま保護される」の二種類がある。
「弱い自分」についてもまたしかり。
自分の場合は、大嫌いだった父親が自殺したせいもあって、自殺者や、まして自殺をほのめかして気を引こうとする人に対しては、非常に冷たい。
『天才バカボン』で「自殺する!」と口走った後輩にパパが「だったら死ぬとこ見てみたい、すぐ死ね!」と迫る話があったが、それに同調する自分も病気だ。

|

« デザインと問題解決 | トップページ | 糸崎公朗写真展『反ー反写真』TAPギャラリー会場写真 »

思想・哲学・宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« デザインと問題解決 | トップページ | 糸崎公朗写真展『反ー反写真』TAPギャラリー会場写真 »