« 創造的自殺と生ける屍 | トップページ | 同調圧力と生贄 »

2012年5月13日 (日)

嫌いな人が好きになれるお経w

悪い世界をより良く変えようとして、にもかかわらず世界が変わらないならば、怒りが生じる。
しかし、どんなに悪いと思える世界も、よく観察して全てをありのままに受け入れるならば、それだけで世界は「良い世界」として認識され、怒りも生じない。

間違った考えを持つ他人を、良い方向に変えようと説得して、にもかかわらずその人が聞く耳を持たないならば、怒りが生じる。
だが、どんなに間違っていると思える他人も、よく観察して全てをありのままに受け入れるならば、それだけでその人は「好ましい人」と認識され、怒りも生じない。

孫子は『兵法』で、「戦いに勝つにはまず相手をよく認識することだ」と説いているが、相手をよく認識するほど争いの元は消えてゆくのであり、大抵の争いは相手をよく認識しないことによって起きる。

人は自分が嫌いな相手のことを知りたくもないと思っているが、嫌悪の感情は相手を知らないことによって起きる。
たとえどれだけ相手が愚かでも、愚かである理由を知って納得すれば、嫌悪の感情は消え失せ、好感に反転することもある。

|

« 創造的自殺と生ける屍 | トップページ | 同調圧力と生贄 »

思想・哲学・宗教」カテゴリの記事

コメント

観察する時間があるとか理由がわかるとあきらめがつきますね。名前の音だけで、だいたいの性格を判断する方法で個人的には判断しています。
ただ自動車の運転に関しては、危険運転をしてくる相手には我慢する余裕がありません。
顔もわからないので理不尽な世界ですね。
象徴界がない人々が多いようですから 自動車運転は恐ろしいです。

投稿: 坂出太郎(北村 友嗣) | 2012年5月18日 (金) 23時34分

>名前の音だけで、だいたいの性格を判断する方法で個人的には判断しています。

これって具体的にどういう方法なんでしょうか?

>象徴界がない人々が多いようですから 自動車運転は恐ろしいです。

《象徴界》という言葉の意味にはいろいろな解釈がありますが、「交通ルール」というモノ自体が一つの《象徴界》であって、それは「《象徴界》の精神がない人」もおしなべてそれに従わせる機能を持っているわけです。

投稿: 糸崎 | 2012年5月19日 (土) 01時29分

例外もありますが、エ段がある人物やサ行がある人物は優しい、芸術性を発揮するとかですね。イ段が多いと切れ者とかいろいろあります。五線占いってページなんですが、最近はあてはまらない例がかなり増えたのであくまで参考にしています。音が無意識に影響しているという事を利用しています。

投稿: 坂出太郎 | 2012年5月19日 (土) 12時53分

交通ルールが象徴界なんですね。なるほどよくわかりました。あと すいませんがこんなところで聞くのもあれですが 気体分子ギャラリーで作品を落札したんですが、落札通知はきましたが、それからは振込先も入金金額はいくらかとか全然送られてきません。

投稿: 坂出太郎 | 2012年5月19日 (土) 12時57分

なるほど、五線占いはこれですね。
http://www.geocities.jp/kounmee/

彦坂尚嘉さんの言語判定法による「人相見」の利点は、「その人の性格(精神性)が変化すると人相も変わる」という点が盛り込まれていることで、顔つきや性格を固定したモノと捉えていないのです。

この点、名前や血液型で正確を判断すると、それらの要素は固定されて変わりようのないモノですから、人間の性格の変化や精神的成長には対応できないのです。

交通ルールが《象徴界》だというのは、そもそも法律というものが《象徴界》だからです。
言ってみれば、法律に代表される、決まり事や、ルールや、儀礼などによって形成される精神世界が《象徴界》です。

気体分子ギャラリーの作品は、落札いただきましてどうもありがとうございます。
振込先と金額のメールは、追ってすぐに差し上げます。
こういうところをきちんとさせるのも《象徴界》の精神ですが、少し足りずに申し訳ありませんでした。

投稿: 糸崎 | 2012年5月19日 (土) 15時50分

>坂出太郎さん

気体分子オークションの件で、メールを送信したのですが、どうしても戻ってきてしまいます。
前回、メールを差し上げた担当者に問い合わせてみたのですが、同じ@ezweb.nejpのアドレスとのことでした。
オークションの手続きは私が担当させていただきますので、あらためて下記アドレスまで連絡いただけますでしょうか(アットマーク>@に直してください)。
auction.kiアットマークkitaibunshi.com

投稿: 糸崎 | 2012年5月19日 (土) 21時13分

ありがとうございます。メールを送らせていただきました。よろしくお願いいたします。

投稿: 坂出太郎 | 2012年5月19日 (土) 21時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 創造的自殺と生ける屍 | トップページ | 同調圧力と生贄 »