« 生物における《象徴界》(改題) | トップページ | 日本ラカン協会ワークショップでの『フクシマアート』 »

2012年7月28日 (土)

オレがオレに騙されるオレオレ詐欺

日本人はどれだけダメなのか?を認識することは、自分はいかにダメなのか?を認識することと、同時進行でなければ意味が無い。
何故なら日本のダメさを憂いながら、自分のダメさを棚に上げるのが、日本人のダメなところだから。

ところで、他人を詐欺に陥れ、しかし当人は詐欺師ではなく、自分が詐欺行為をしたと言う意識もない、そんな人が少なからず存在する。
こう言う人は、まずオレがオレに騙される「オレオレ詐欺」に遭っている。

オレがオレに騙されるオレオレ詐欺の人は、何の実力もないのに「オレの実力は凄い」とオレがオレに騙され、結果として他人を詐欺に陥れる。
そして相手に「お前は詐欺師だ!」と告発されても、オレはオレにすっかり騙され切っており、全く聞く耳を持たず、反省の色も無く、同じ詐欺を繰り返すのだ。

詐欺の被害者が、詐欺に遭った事をしばしば認めないのは、愚かな自分を認める事が恐怖だからだ。
同じ様に、オレがオレに騙されている事をオレが認めないのは、愚かなオレを認めるのが怖いオレがいて、そいつがオレを騙すから。
騙すオレと騙されるオレは共犯関係にあり、そして他人を巻き込み詐欺に陥れるのだ。

有り体に言えば、オレがオレに騙されるオレオレ詐欺の人は、ハッタリをかますだけで全く実力が伴わず、それで人々に迷惑を掛けまくる人を指す。
このようなオレオレ詐欺に巻き込まれないためには、他ならぬオレ自身がオレに騙されないような智慧を身に付ける必要がある。

|

« 生物における《象徴界》(改題) | トップページ | 日本ラカン協会ワークショップでの『フクシマアート』 »

思想・哲学・宗教」カテゴリの記事

コメント

難しい文章は理数系の本のようだから、解読しながら読まないといけなくて大変だけれど、今回のは読みやすくて面白かったです。
解読しながらだと、解読できた文章を記憶しながら、新たに解読を進めるので、解読されたものを頭でつなぎ合わせつつ考えるので、中々難しい感じです。

丁寧な更新で、とても良いと思います。
また、読みに来ます。

投稿: 感想。 | 2012年7月29日 (日) 20時11分

コメントありがとうございます。
読みやすいとか分かりやすいというのは、詐欺師のテクニックでもありますから、お互いにだまされないよう気をつけなくてはいけませんw

投稿: 糸崎 | 2012年7月31日 (火) 01時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 生物における《象徴界》(改題) | トップページ | 日本ラカン協会ワークショップでの『フクシマアート』 »