« プライドと通貨 | トップページ | 反省と思い込み »

2012年8月31日 (金)

ものの見方と見逃し方

●人によって異なるものの見方があるように、人によって異なるものの見逃し方がある。

●人によって異なるものの見方があるように、人によって異なる目の逸らし方がある。

●同じものでも見る角度によってその解釈が異なるように、同じ者でも見ない角度によってその解釈が異なる。

●視野の広い人や、視野の狭い人がいるように、視野の遮蔽が広い人や、視野の遮蔽が狭い人がいる。

●発見のポイントが存在するように、見逃しのポイントが存在する。

●ものの見方が深化するように、ものの見逃し方も深化する。

●ものの見方が鍛えられるように、目の逸らし方も鍛えられる。

●いろいろなものの見方ができる人がいれば、いろいろな目の逸らし方ができる人もいる。

●ものの見方が変われば世界の見え方が変わるように、目の逸らし方が変われば世界の見え方が変わる。

●目を向けることは、目を背けることと同意であり、何かを見付けることは、何かを見逃すことと同意である。

●前方を見る人は後方を見逃しており、右を見る人は左から目を逸らしている。

●見ることは見ないことと同意であり、聞くことは聞かないことと同意であり、嗅ぐことは嗅がないことと同意であり、味わうことは味わわないことと同意であり、触ることは触らないことと同意である。

●他人のものの見方を知ることが大切なように、他人の目の逸らし方や、見逃し方を知ることも大切である。

●自分のものの見方を自覚することが大切なように、自分の目の逸らし方や見逃し方を自覚することもまた大切である。

●これについて考えることは、あれについて考えないことと同意であり、何も考えないことは、全てについて考えることと同意である。

●何も見ない人は全てを見通しているのであり、何も知らない人は全てを知り尽くしている。

|

« プライドと通貨 | トップページ | 反省と思い込み »

思想・哲学・宗教」カテゴリの記事

コメント

下から5つめが、よく分かりません。

理解力でいうと、マトリックスの概念とか分からなかったりするので、理解することがなかなか難しい感じです。

投稿: (・∀・) | 2012年8月31日 (金) 21時38分

コメントありがとうございます。

>見ることは見ないことと同意であり、

というのは、具体的に

>前方を見る人は後方を見逃しており、右を見る人は左から目を逸らしている。

ということですね。
何かを見ると言うことは、他の何かを見ないことでもあり、それは聴覚、嗅覚、味覚、触覚も同じです。
色即是空の般若心経の世界です。

マトリックスについては以下のページが分かりやすいです。
いや、日常で使う機会が無さそうな言葉なので、あまりピンとはきませんが・・
http://dictionary.sanseido-publ.co.jp/topic/10minnw/010matrix.html

投稿: 糸崎公朗 | 2012年8月31日 (金) 22時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プライドと通貨 | トップページ | 反省と思い込み »