« ムダと創造力 | トップページ | プライドと通貨 »

2012年8月27日 (月)

理解力と創造力

自分は他人を変化させるほどの力は持たない。
自分の力を持ってして、他人を変化させることはできない。
自分の力は、ただ自分を変化させることができるだけの、小さなものでしかない。
小さな力は、有効に使わなければ無駄になり意味が無い。

そもそもあらゆる判断は難しいのであり、自分の乏しい経験や知識だけでは限界がある。
だからより適正に確実に判断するために、歴史を参照しこれに学ぶ事が、非常に有効な手段となる。
歴史とは人類の経験の圧縮であり、個人の経験の範囲をはるかに超える判断をもたらしてくれる。
例えば、悪質な新興宗教に騙される人は、教祖の言う事は聞いても過去の歴史は参照せず、聖書も仏典も諸子百家も読もうとしない。
宗教の良し悪しを判断するには歴史に学ぶ以外に方法はなく、「今の人」の言うこと聞いてるだけでは何も判断する事はできない。

全ての迷いは想像界のリテラシーの産物であり、本来読まなくてもいいところを読み込んでいるだけに過ぎず、だからこれを焼き尽くさなければならない、と原始仏教経典にも書いてある。

想像を省いて認識する道と、認識を省いて想像する道とがある。
想像を拒絶すると認識が立ち上がり、認識を拒絶すると想像が立ち上がる。

乏しい理解力を貧しい想像力で補う人がいる。
多くの人は一を知り十を想像で補う。

多くの人々が覚醒しておらず、それぞれに勝手な夢を見ている。
多くの人々が眠り人か死人のようであり、覚醒して現実を直視することを拒んでいる。
こういう現実を見据えた方が、何事も上手く行く。

現実を直視できない人は、騙されることを望んでいる。
欲望の遠近法を構築すること。

自分に都合の悪いことから徹底的に目を逸らし続ける人は、幸せそうに地獄を生きる。
自分に都合の悪いことを直視できる人は、地獄に生きる幸せを噛みしめる。

多くの人はすでに神なのであり。自分が全知全能の神であることを自覚し反省することで、無知無能の人となる道へと向かう。
認知を減退させ無知無能の自覚を避ければ、人は生きながら神のままでいられる。

昆虫好きの友人が、物心つき始めた自分の息子にいろいろ教えたら、知れば知るほど怖がって山に入りたがらなくなったらしい。
知ることには本質的に恐怖が伴い、だから多くの人は目を瞑り道を塞ぎ、無知のままでいることに固執する。

世間には、自分が思いもよらない邪悪な心を持った人間たちが、思った以上に数多く存在し、それを知らずに生きてきたのは経験と認識の怠慢だが、知ればどんな悪人に対してもたじろがず、嫌悪せず、愛情を持って、冷静に、対応できるようになる。
世間に数多く存在する邪悪な人は、自分自身にとってはそれが当たり前の感覚であり、だから自分は常識人だと思思い込んでいて、それで多くの人が騙される。

コミュニケーションの対象にならない相手は、コントロールの対象としなければならない。

|

« ムダと創造力 | トップページ | プライドと通貨 »

思想・哲学・宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ムダと創造力 | トップページ | プライドと通貨 »