« 生きてると思ってたら死んでいた | トップページ | 言葉の裏と言葉の意志 »

2012年9月29日 (土)

賢者と他人事

人は「あの人はこう思ってるはずだから」などと、他人の気持ちを察するという形で、自分の気持ちを表明することがある。
夢に出てくる他人の言動が、しばしば自分の気持の表れであることと同様である。

人は他人事だと賢者になり、自分の事だと愚者になる。

上から目線の相手にムッときてる時「いま自分は上から目線の相手にムッときているな」と自分を観察すると、優しい気持ちになれる。

他人を小馬鹿にした時「いま自分は他人を小馬鹿にしたな」と観察すると、慢心は消え去る。

命令の実行にはバグが付きもので、バグを減らす努力と、バグに目くじらを立てる事とは違う。

|

« 生きてると思ってたら死んでいた | トップページ | 言葉の裏と言葉の意志 »

思想・哲学・宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 生きてると思ってたら死んでいた | トップページ | 言葉の裏と言葉の意志 »