« 法華経の毒 | トップページ | 「正しい人」と「罪人」 »

2012年10月16日 (火)

法華経と共倒れ

現実は理不尽で過酷で複雑で、これを直視すると重い荷を背負い込む事になる。
そうなるとみんなが乗る大船は重さで沈んでしまい、大乗仏教は成立しない。
だから現実から目を背け、何も背負わない方が良いのだと、法華経は説いている。

3.11の津波被害で明らかになったように、助かりたい時は他人に構わず自分だけ助かろうとしなければ、助かる命も助からない。
みんなで助かろうとすると、お互いに頼り合って判断や反応が鈍り、みんなで逃げ遅れてしまう。

自分を助けることができるのはあくまで自分だけであり、本質的には誰も頼りにならない。
また、人は自分だけを救うのが精一杯であり、他人を助けるだけの余裕は持ち合わせていない。
そして、自分自身を助けることができる者同士だけが、協調して逃げることができ、そうで無い場合は共倒れになる。

結局のところ、法華経とは何かと言えば、共倒れ路線なのである。
何か危険があった場合、自分だけ助かろうとするのではなく、みんな一緒に共倒れすることを、法華経は勧めているのだ。

他人に情けをかける誘惑は共倒れに通じている。
共倒れに結びつく誘惑を断ち切り、他人を見捨て、自分だけが助かろうも思わなければ、自分さえ助けることができなくなる。
助け合いの精神は共倒れに通じている。助け合いの精神は、他人に頼る精神に通じ、自分を棚に上げ他人に干渉する精神に通じている。

|

« 法華経の毒 | トップページ | 「正しい人」と「罪人」 »

思想・哲学・宗教」カテゴリの記事

コメント

みんな、少なからず思ったりする事を分かりやすく
サワヤカに言い切る姿勢がよいと思った。

投稿: (・∀・) | 2012年10月19日 (金) 22時14分

怒濤のコメントありがとうございます。
さわやかかどうかはともかく、何ごとも断定が過ぎるとの指摘もあって、ちょっと反省してます。

投稿: 糸崎 | 2012年10月20日 (土) 00時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 法華経の毒 | トップページ | 「正しい人」と「罪人」 »