« 法華経と共倒れ | トップページ | 反芸術と反父親 »

2012年11月21日 (水)

「正しい人」と「罪人」

世の中には「正しい人」と「罪人」との二種類がいる。
正しい人は正しいと自覚するが故に学習せず、反省せず、悔い改めず、自らの正しさを主張して譲らない。

正しい人は正しさの基準を自分に求め目の前の他者を裁く。
罪人は正しさの基準を大文字の他者に求め大文字の他者によって裁かれる。

正しい人は罪人を憎み、罪人は正しい人を愛する。
正しい人は犬猫を哀れむことなくこれを愛し、罪人は正しい人を哀れむことなくこれを愛す。

敵を知れば敵に勝つことができるし、敵を愛することもできる。
なぜなら未知の敵は恐怖と憎悪の対象だか、よく知る敵は自分の思うがままの存在となるからである。

敵を知れば敵に勝てると『孫子』には書いてあるが、さらに敵を知り敵を愛せばその人は最強になれる。

ビジネスにおいては、敵をうち滅ぼせば共倒れ、敵を愛せば共存共栄できる。
あなたの敵を愛しなさい!

嫌いな人を排除するのではなく、嫌いな人を取り込み、パートナーとすることでビジネスは成功へと向かう。
なぜならビジネスの基本は相手をよく知ることにあり、しかし人は嫌いな相手の事は知りたいとは思わず、だからこそ嫌いな相手を良く知ってビジネスに取り込む事が有効なのである。

あなたの敵を愛せば、あなたは敵に勝利できる。
愛することが勝利に結びつくのではなく、愛することがすなわち勝利なのである。
相手に嫌われながら一方的に愛する者は一方的に勝利し、相手を嫌いながら一方的に愛される者は一方的に敗北する。

すべてを愛する人はビジネスにおいて無敵の勝利を得る事ができる。

|

« 法華経と共倒れ | トップページ | 反芸術と反父親 »

思想・哲学・宗教」カテゴリの記事

コメント

確かに。(・∀・)

好きなものだけパートナーにしていると、
身の回りが、小さな植木鉢だらけに・・・

投稿: (・∀・) | 2012年12月 2日 (日) 15時26分

コメントありがとうございます。
大宮盆栽美術館で盆栽の銘品を目の当たりにすると、小さな植木鉢もなかなか侮れないなと思ってしまいます(笑)

投稿: 糸崎 | 2012年12月 3日 (月) 01時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 法華経と共倒れ | トップページ | 反芸術と反父親 »