« 河原乞食とインサイダー | トップページ | 復讐型アート »

2012年12月28日 (金)

知らずして知る能力

いわゆる「本当の事」や「正しい事」は、古今東西に書かれた膨大な書物の中に、それぞれに異なる見解としてすでに示されている。
しかし人の寿命には限があり、どれほどの博学を誇る人であっても、全人類の知識の蓄積からすると、本の氷山の一角を知るに過ぎない。

だが一方、世間一般の多くの人は、全人類の知識の蓄積を、知らずして知る能力を備えている。
多くの人はあらゆる事柄について「知らずして知る」ことができ、それぞれ独自の見解を持っている。
その見解とは実は感覚的なものなのだが、しかし感覚的なものだからこそ、明快かつ的確な見解として主張される。

感覚とは実に馬鹿にならないものなのである。
例えば多くの人は蛇や虫類を忌み嫌うが、それは蛇には多くの毒蛇が、虫類には多くの毒虫が、それぞれ含まれている事を「知らずして知る」からである。

しかし、ぼくはどうもこの「知らずしてし知る」能力がどうも不足しているらしく、蛇でも虫でもまず「かわいい」と思ってしまう。
そしてその上で毒蛇や毒虫について調べなければ、実際にそれを危険視して退けることができない。

哲学についても同様で、世間の人は自分がいかに生きるべきかを「知らずして知る」ことができている。
「本当の事」や「正しい事」についてもみな「知らずして知る」能力があり、自信と確信に満ち迷いが無い。

また、宗教についても多くの日本人は無宗教で無関心でありながら、実のところ意外にしっかりとした宗教観をそれぞれに備えているように観察される。
キリスト教にしても仏教にしてもその他の新興宗教にしても、それらが何であるかを感覚的に捉え、そのうえで宗教的なものを遠ざけているように見受けられる。

実はぼくも以前は世間並みに「知らずして知る」能力に自信を持ち、自分の感覚に全信頼を置いていた。
しかしどう言う訳か、人生を重ねるうち徐々に自分の感覚に疑いを持つ様になり、最近はすっかり迷い人になってしまった。
それで、哲学や宗教について関心を持たざるを得なくなり、本来苦手なはずの読書などを無理してするようになったのだ。

そんな自分に対し友人の写真家たちは「最近の糸崎さんは頭でっかちでつまらなくなった」と批判するのだが、実に彼らは世間並みに「知らずして知る」能力を備えているのである。
そして写真学校や美大で学んだ以上の「写真とは何か」について熟知し、揺るぎない見解を持ち、各自の「写真」制作に迷い無く励んでいる。

つまり世間とは「知らずして知る」感覚が基準となり、その上に成り立っているのであり、それは写真をはじめとするアートの世界も同じなのだろう。
ともかく自分は無駄に知ろうと悪あがきするしか無く、何も知る必要の無い世間の人々を羨むことなく、あるがままを受け止めるしかないのである。

|

« 河原乞食とインサイダー | トップページ | 復讐型アート »

思想・哲学・宗教」カテゴリの記事

コメント

人生を重ねるうち徐々に自分の感覚に疑いを持つ様になった理由ははっきりしているのですか。

投稿: loca | 2013年1月 1日 (火) 15時29分

明けましておめでとうございます。
コメントありがとうございます。

>人生を重ねるうち徐々に自分の感覚に疑いを持つ様になった理由ははっきりしているのですか。

まずは、作品製作に行き詰まりを感じてきたことが大きいですね・・・

投稿: 糸崎 | 2013年1月 1日 (火) 23時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 河原乞食とインサイダー | トップページ | 復讐型アート »