« 麻薬と脳内麻薬 | トップページ | キャラの変え方 »

2013年3月21日 (木)

以下、【彦坂尚嘉 Naoyoshi HIKOSAKAの《第163万8400次元》 e-learning ArtStudies】からの引用です。
__

糸崎公朗個展
第138回気体分子ギャラリー『月水金オークション』


糸崎公朗というアーティストは、「フォトモ」や「ツギラマ」といった独自のネーミングによるフォト・コラージュの作品を展開してきています。

S-img102.jpg

「糸崎公朗」でgoogle検索すると、なんと22万件もヒットします。これは現代アーティストとしては、たいしたものです。糸崎公朗のフォトモの展示会場を見ると、観客がフォトモにひきつけられて、その吸引力は素晴らしいのです。作品の小ささが持つ《縮減効果》の力が凄いのです。

S-img101.jpg

糸崎公朗の作品には鑑賞構造があって、そして《原芸術》《芸術》性があって、評価できるものです。しかし紙工作物ですから、壊れやすく、強度がない。強度というのは、芸術を成立させる上で重要なのですよね。糸崎公朗の作品は強度に欠けている。ではどうするのか?

以下オークションに続きます。こちらをクリックしてください。

|

« 麻薬と脳内麻薬 | トップページ | キャラの変え方 »

オークション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 麻薬と脳内麻薬 | トップページ | キャラの変え方 »