« 凡庸と希少 | トップページ | 意味と強弁 »

2013年3月30日 (土)

選択と失敗

●最良の選択にこだわり選択に時間をかけるとチャンスを失う。
そのような思考パターンに陥ってる人は「失敗を恐れない」という心構えでは足りず、むしろ積極的に失敗を選択することを心掛けるべき。

● 何をどう選択しても人はいずれ死ぬのであり、その意味でどのような選択をしてもそれは失敗に終わるだけであり、だから正しい選択をしようと迷うことは時間の無駄でしかなく、むしろ積極的に失敗を選択するよう心がけるべきなのである。

●あらゆる選択肢の内、失敗の可能性のあるものを積極的に選択すること。
時間短縮の極意はここにある。

●先人の失敗に学ぶこと。
偉大なる先人は、失敗を避けて成功を目指しているのではなく、失敗を内包しながら完成を目指すのであり、この点を見逃してはならない。

●失敗を恐れるあまり時間をかけすぎること自体が最大の失敗であり、そのような場合はわざと失敗に終わらせて早目に切り上げること。

|

« 凡庸と希少 | トップページ | 意味と強弁 »

思想・哲学・宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 凡庸と希少 | トップページ | 意味と強弁 »