« 選択と失敗 | トップページ | 感情と抹殺 »

2013年4月 9日 (火)

意味と強弁

自分は正直なところ、世界は充実し、人生には意味があり、しかしそれに応えるだけの能力が絶望的に不足している、と思いなしている。
だが冷静に考えると、その認識は間違っているかも知れない。

思い返すと以前の自分は自己の能力に満足した万能間に満ちていて、その状態はつまり、自分には能力があることを強弁していたに過ぎない。
強弁は自分の無能を覆い隠し、万能間による充実をもたらす。

ということの類推で考えると「世界は充実し人生には意味がある」と今の自分が思いなしていることも、強弁の可能性がある。
何故なら無前提にそう思いなしているだけであり、実際には世界は虚しく人生にはなんの意味も無く、それを強弁によって覆い隠している可能性がある。

強弁による虚偽であっても幸せならいいという考えもあるだろうが、自分はそう指摘されると、たとえ自分が自分に騙されているのだとしても、騙されるのは嫌だと思ってしまう。

|

« 選択と失敗 | トップページ | 感情と抹殺 »

思想・哲学・宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 選択と失敗 | トップページ | 感情と抹殺 »