« 水子の霊と大人の世界 | トップページ | 唯女子と小人とは養い難しとなす。 »

2013年5月18日 (土)

視覚は死角

視覚を意識し、見えないことを意識しなければ、多くのものを見落とす。

視覚は死角。視覚は視覚と共にある。死角を忘れこれを意識しなければ、視覚もまた失われる。

相手を傷付けて反撃されると「自分が相手を傷付けた」と言う意識もなく、「相手が突然怒り出して一方的に攻撃された」と思い込む人がいる。
自分が加害者であることを忘れ、反撃した相手を加害者に仕立て上げ、被害者面する人がいる。

自分の足元は見えないが、他人の足元はよく見える。
しかしそれも錯覚であって、自分の足元から目を背け、他人の足元ばかり見る人は、お節介に走り疎んじられる。

現実に即さない、偽の問題解決方法がある。
偽の問題解決方法は、偽の感情をもたらすためにある。
子供の頃の経験に閉じ込められている人は、目の前の現実から遊離して、偽の感情、偽の問題解決方法に囚われる。

ハングリー精神と飢餓感は異なる。
ハングリー精神のある人は、満足によって退屈することを恐れ、安寧の中で生きながら死ぬことを恐れる。
飢餓感を抱えた人は親の「条件付きの愛情」によって育てられ、常に飢餓状態であるよう条件づけられている。

|

« 水子の霊と大人の世界 | トップページ | 唯女子と小人とは養い難しとなす。 »

思想・哲学・宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 水子の霊と大人の世界 | トップページ | 唯女子と小人とは養い難しとなす。 »