« 万能感とファンタジー | トップページ | 反省と成果 »

2013年5月11日 (土)

絶望と好奇心

器の大きな人は、他人のために自分のスペースを空けている。

自分の中に自分がいっぱい詰まっている人と、自分の中に他人を入れるスペースを空けている人がいる。

絶望していない人は、自分の絶望から目を逸らしてるに過ぎない。

他人の拒絶を恐れている人は、他人を頑なに拒絶している。

他人に興味がない人に芸術は理解できない。

「自分の好きなもの」が好きな人は芸術を理解することはできない。

他人に興味がない人は、他人からの拒絶を恐れている。

大人になっても子供のままでいる人は、子供の好奇心が死んでいる。

|

« 万能感とファンタジー | トップページ | 反省と成果 »

思想・哲学・宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 万能感とファンタジー | トップページ | 反省と成果 »