« 信仰という籠 | トップページ | 臆病な善人は存在しない »

2013年6月 3日 (月)

死んだ人のように何も持たずに生きる

何を手に入れたとしても、いずれは死んで全てを手放すことになるから虚しい。

たとえ輪廻転生して生まれ変わったとしても、また何かを手に入れた後に死んで全てを手放すことの繰り返しに過ぎず、空しいことに変わりはない。

この虚しさから解放されるためには、生きているうちから死んだ人のように、全てを捨て去って生きること。

死んだ人のように何も持たずに生きること。

|

« 信仰という籠 | トップページ | 臆病な善人は存在しない »

思想・哲学・宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 信仰という籠 | トップページ | 臆病な善人は存在しない »