« 『歴史は「べき乗則」で動く』メモ | トップページ | 醤油とコピー機 »

2013年9月14日 (土)

心配と想像

心配事の大半は想像の産物に過ぎない。

心配事の裏付けの大半は、想像の産物に過ぎない。

心配事は、自分の精神の創造物であり、実際の事柄とは無関係である。

自分が見て感じられる世界は様々な心配事に満ちているが、そのすべては自分の精神の産物に過ぎない。

大きな心配事はもちろん、気にも留めないような小さな心配事が、日常的に自分の足を引っ張ってる。自分の心の動きを対象化して、こまめ観察する事。

|

« 『歴史は「べき乗則」で動く』メモ | トップページ | 醤油とコピー機 »

思想・哲学・宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『歴史は「べき乗則」で動く』メモ | トップページ | 醤油とコピー機 »