« 糸崎公朗回顧展とブルーチーズパーティー | トップページ | 開かれた系と他者 »

2013年9月10日 (火)

蓄積と構造

自分のリアルな感覚を疑う事は最高度の智慧であり、並の東大生ではまず無理である。

自分のリアルな感覚を疑う事により、記憶が蓄積される。
自分のリアルな感覚に疑いを持たない者は、記憶を蓄積しない。

自分のリアルな感覚を疑う事で、構造が構築される。
自分のリアルな感覚を疑わない者は構造を持たない。

例えば、グルメの親に育てられた子供は、自分の「美味しい」と思うリアルな感覚を、度々否定される。
これにより、親が示す「美味しい」と「不味い」の差異の記憶が蓄積され、子供の味覚判断が構造化される。

|

« 糸崎公朗回顧展とブルーチーズパーティー | トップページ | 開かれた系と他者 »

思想・哲学・宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 糸崎公朗回顧展とブルーチーズパーティー | トップページ | 開かれた系と他者 »