« 選択と分岐点 | トップページ | 模擬と研究 »

2013年9月26日 (木)

死の谷と進化

我々は全て、安定した心地よい環境が続いて行く事に頼っている。

生物の大量絶滅は特別な出来事では無い。それが特別に見えるのは偏見でしかない。データを並べれば生物の絶滅は頻繁に起こり、その大小の違いがあるだけ。

いま自分がいる低い山から、隣のより高い山に登るためには、その間の死の谷を通過しなければならない。

様々な高さの成功の山が、死の谷の間に点在している。別の高さの山に移動するには、この死の谷を渡らなくてはならない。

山と山の間の、死の谷を渡る事に耐える事ができた生物のみが、次の山に登る事ができる、即ち進化できる。

山と山との間に横たわる死の谷があまりに長い場合、その山に到達する事、つまり進化する事を諦めなければならない。

人類とその亜種である現代人とでは進化の速度が劇的に異なる‼

人々の直感に反する原理原則は五万とある。

人間は非合理に互いに影響し合い、時に雪崩を起こす。

|

« 選択と分岐点 | トップページ | 模擬と研究 »

思想・哲学・宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 選択と分岐点 | トップページ | 模擬と研究 »