« 自分の足を引っ張る者 | トップページ | 糸崎公朗回顧展とブルーチーズパーティー »

2013年9月 8日 (日)

正しい人と強い人

「自分」という王様に仕える奴隷でいるより、他人に仕えた方が自由が獲得できる。

自分の脳で考えず、どの他人の脳で考えるか?を考えると、自分の脳が拡張できる。

弱い人間は淘汰されてゆく。
淘汰の意味は、水を勢い良く洗い流すことだった…弱い人はまさに洗い流される…
http://ln.is/gogen-allguidecom/t/lOoS…

正しい人は弱く、不正な人は強い。なぜなら、正しい人は正しさを追い求め、不正な人は勝利を追い求めるから。

|

« 自分の足を引っ張る者 | トップページ | 糸崎公朗回顧展とブルーチーズパーティー »

思想・哲学・宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自分の足を引っ張る者 | トップページ | 糸崎公朗回顧展とブルーチーズパーティー »