« 理由と物語 | トップページ | 日本人を恨むのはもう止めよう! »

2013年10月12日 (土)

うどんと洗濯

今朝は家族でバラバラに朝食を作って食べることになった。

ぼくは土鍋に酒とうどんを入れて火にかける。朝から酔っ払ってしまう、と思ったが、酒を調味料にするのは美味しいし、まあいいかと思う。醤油を入れなければならないが、それは後回しにする。

しかし父親が、ぼくの分の朝食も一緒に作ってくれているという。
見ると、洗濯物とうどんを一緒の鍋に入れ茹でている。
どうせ洗濯物もしなくてはならないのだし、うどんと一緒に煮るのは確かに合理的ではある、と思った。

ぼくのうどんが先に茹で上がると、うどんは少し焦げていた。
父親はうどんを焦がしたことをぼくに謝ったが、これはちょっと変だと思った。
醤油を入れ忘れたことを思い出すが、味見すると塩見は普通に効いていた。

父親のうどんも茹で上がり、一緒に食べようと思ったところ、「先に修理した車を修理工場に取りに行く」という。
バイク出てかける、と言われるが、自分が原付免許しか持って無いことを伝えると、一人で食事をして、修理した車が部屋に入るよう片付けをしておくよう言われる。

父親が出かけた後部屋をみると、ピアノを移動させる必要があったりと、片付けはそれなりに大変そうだ。
しかしともかく朝食を食べようと思い、父親の作ったうどんの鍋をつつくが、洗濯物の下着や靴下がうどんに混じっていて、合理的とは言え流石に無神経だとあらためて思った。

****

これは今朝二度目に見た夢で、起きてすぐ書き留めたもの。
一度目の夢は、目覚めてからしばらく経って思い出したのだが、頭の中で文字化して書き留めようと思ったのだが、どんどんディテールが失われ結局忘れてしまった。
夢は鮮度が命です。

|

« 理由と物語 | トップページ | 日本人を恨むのはもう止めよう! »

夢日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 理由と物語 | トップページ | 日本人を恨むのはもう止めよう! »