« 才能と動機 | トップページ | 電車と旅館 »

2013年10月 4日 (金)

破壊的構築と構築的破壊

●自分の代わりはいくらでもいるし、自分は常に誰かの代わりをしている。

自分の代わりはいくらでもいるし、自分は誰かの代わりをしているのだが、その誰かの代わりは自分にしかできない。

自分の代わりはいくらでもいる、というのは理論的にはその通りのはずだが、実際に自分の代わりを探しても、そう簡単に見つかるものでは無い。

自分が死んでも誰も困らないが、生きている限り誰かの役に立つ事はできる。

●多くの人は構築を脱構築に置き換える「日常的脱構築」によって何も構築しない。

脱構築=ディコンストラクションdeconstruction(破壊destructionと構築constructionを合わせた造語)の訳語。■ 百科事典マイペディアの解説

つまり「破壊的構築」であり「構築的破壊的」でもあり、そう考えるといろいろ見えてくるものがあるかもしれない。

破壊的構築=脱構築によって、何も積み上げない人たちがいる。

|

« 才能と動機 | トップページ | 電車と旅館 »

思想・哲学・宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 才能と動機 | トップページ | 電車と旅館 »