« 水彩画と時計 | トップページ | うどんと洗濯 »

2013年10月11日 (金)

理由と物語

●貧乏人は「大きな数字」が想像できず、ますます貧乏になる。
大きな借金を背負う人は、「大きなお金」をリアルにイメージできるが故に、お金を回してゆくことができる。

●人は理由もなく生まれ、理由もなく死ぬ運命に定められている。
故に、全ての物事には理由がなく、因果関係もなく、それらの「ない」ことを忘れさせるための「物語」だけが存在する。

●「芝居」の世界を生きる人と、「地」の世界に生きる人と、芝居と地の二重性に生きる人とがいる。

●困っているのに他人に助けを求められない人たちがいる。

|

« 水彩画と時計 | トップページ | うどんと洗濯 »

思想・哲学・宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 水彩画と時計 | トップページ | うどんと洗濯 »