« 怠惰と希望 | トップページ | 水彩画と時計 »

2013年10月 9日 (水)

認識と節約

自分が聞きたい自分の言葉を、相手に言わせないと気が済まない人がいる。

正直に言うと嘘だと言われ、相手の望む嘘を付くと正直者だと褒められる。

人は膨大な事実のうち自分の知りたいこと以外は全部捨てている。

人はつい、「見たものが全て」だと思ってしまうのだか、そのような節約の仕方で世界を捉えなければ、取り止めもなく収集がつかなくなってしまう。

|

« 怠惰と希望 | トップページ | 水彩画と時計 »

思想・哲学・宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 怠惰と希望 | トップページ | 水彩画と時計 »