« 芸術とヒヨコ | トップページ | 大満足とハムスター »

2013年11月 9日 (土)

清らかなヤクザ

●「自分はいずれ死ぬ」と知識として理解していることと、実感として自分の死が想像出来ないことのギャップを、注意深く意識すること。

●自分はどうせ死んでしまうのだから、自分のため生きても仕方が無い。
では自分は何のために生きるべきか?アーティストだったらアートのためでしょ‼︎

●人はしばしば自動機械のように反応し作動するのであり、それにつたれて自分もまた自動機械のように反応する必要は無いのである。
感情が自動機械のように反応すると、理性もまた自動機械のように作動し始める。
一連の自動作用を真に受け心を乱すことはない。

●人として汚れた心を持つ人は、動物として清らかな心を持っている。
例えば動物として清らかな心を持つ政治家とかヤクザとか。

|

« 芸術とヒヨコ | トップページ | 大満足とハムスター »

思想・哲学・宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 芸術とヒヨコ | トップページ | 大満足とハムスター »