« 本家と借り物 | トップページ | 清らかなヤクザ »

2013年11月 8日 (金)

芸術とヒヨコ

自分が最初に理解した定義にいつまでも縛られる性質は、産まれたばかりのヒヨコが最初に見た動くもの、例えばボールでもラジコンカーでも何でも「親」だと認識する性質と似ている。
しかし自分はヒヨコではないし、芸術はポールでもラジコンカーでもないのであり、その認識は修正することができる。

人は芸術を追いかけているつもりで、転がるボールやラジコンカーを追いかけている事がある。
あたかも産まれたばかりのばかりのヒヨコが、初めて見る「動くもの」を何でも、例えば転がるボールでもラジコンカーでも、親だと思って追いかけるようなものである。

|

« 本家と借り物 | トップページ | 清らかなヤクザ »

思想・哲学・宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本家と借り物 | トップページ | 清らかなヤクザ »