« 直接的不幸と間接的不幸 | トップページ | 素人と専門家 »

2013年11月 3日 (日)

嫉妬について

ある人から嫉妬の感情をむき出しにされ、自分なんて売れっ子でもないのになぜ?
と思ったが、人は思った以上に嫉妬深い。
というより多くの人は思った以上に子供っぽい。
もちろんぼくも子供っぽいが、ではそれ以外の人はちゃんと大人なのかと思ったら、そうではなくみんな子供で、子供のように嫉妬深い!

嫉妬は子供の感情で、子供っぽい大人は嫉妬深い。
というよりも、嫉妬は人間の自然な感情で、大人は自らの内に沸き起こる自然な感情をモニターし、コントロールする。
ぼく自身もたびたび嫉妬はするのだが「自分はまたつまらないことで嫉妬しているな」と自覚すれば、嫉妬の情も消えてしまう。

大人は自分の自然な感情を自覚し対象化することで、それを抑える術を心得ている。
しかし実際には多くの大人は子供のままで、自分の自然な感情を自覚しないままそれを剥き出しにして、振り回される。
例えばつまらないことで嫉妬し、その感情をむき出して、人間関係をこじらせる。

|

« 直接的不幸と間接的不幸 | トップページ | 素人と専門家 »

思想・哲学・宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 直接的不幸と間接的不幸 | トップページ | 素人と専門家 »