« 快楽と怠惰 | トップページ | 目からウロコのアフォーダンス理論 »

2014年1月25日 (土)

常識と学説の生態系

●自分にとって愚か者の鏡となる人物がいるのであり、目を背けずに見続けていなければ鏡像を消すことは出来ない。

●人々のシステム1を捉えること。

●学説には学説の生態系が、常識には常識の生態系がある。日本の自然に固有の生態系があるように、日本の学説にも、日本の常識にも、固有の生態系がある。

●歪の蓄積とその解放。

●洗練に屈服する野蛮。

|

« 快楽と怠惰 | トップページ | 目からウロコのアフォーダンス理論 »

思想・哲学・宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 快楽と怠惰 | トップページ | 目からウロコのアフォーダンス理論 »