« | トップページ | 快楽と怠惰 »

2014年1月25日 (土)

断片と綜合

●断片的な情報をむやみに精密に分析しても大して意味はなく、総合的判断こそが意味を持つ。
そして、よりスケールの大きい総合が意味を持つ。
リテラシーを刷新しなければ新しいものは理解できない。
リテラシーを常に刷新し続けるための総合力を!

●人は誰でもいずれは必ず死んでしまうのだから、わざわざ人を殺す必要がどこにあるのか?

●岡本太郎が『今日の芸術』などで主張した芸術論は「無教養主義」とも言えるものであり、大半の日本人アーティストはこの「無教養主義」の流れを汲んでおり、ぼくももちろん例外ではなかったのだった。

|

« | トップページ | 快楽と怠惰 »

思想・哲学・宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« | トップページ | 快楽と怠惰 »