« 芸術の原因 | トップページ | 言語と多機能 »

2014年2月25日 (火)

間違いと出発点

最善の出発点が存在する。

間違っている人は出発点が間違っている。

最善の出発点は、何をゴールとするかで異なる。

誰にとってもゴールは最悪の死を迎える。

物事の根本を学ばず、簡単なことから学ぶ人がいる。

何事にもアルケー、すなわち「第一のそれから」が存在する。

原因!原因を探って遡りさえすれば、どんな事物も解決できる!

何であれ、物事の原因を遡るという思考そのものが去勢されている。

対象物を構成要素に分解する見方と、一つのものを一つのものとしてだけ見る仕方がある。

目的が間違っている人は出発点も間違っている。

人は出発点を間違うことで目的を間違え、目的を間違えることで出発点を間違う。

例えば「非人称芸術」について考えることは、「非人称芸術」の起源を遡って考えること。

|

« 芸術の原因 | トップページ | 言語と多機能 »

思想・哲学・宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 芸術の原因 | トップページ | 言語と多機能 »