« 言語と多機能 | トップページ | 神と博愛主義 »

2014年2月28日 (金)

博愛主義と強い立場

自分が生物に対し博愛主義でいられるのは、自分があらゆる生物に対して守られた「強い」立場にいるから。
対して自分が人間に対し博愛主義でいられないのは、多くの人間に対し自分は「弱い」立場にいるから。

博愛主義は強さの産物であり、あらゆる憎しみや憎悪は弱さから生じる。
あらゆる事物や人々を力でねじ伏せる者は全てを愛することができる。

人を愛するためには(様々な意味で)人より強くあらねばならない。
なぜなら、弱い人が強い人に(様々な意味で)危害を加えられると憎しみや恨みが生じるからである。

|

« 言語と多機能 | トップページ | 神と博愛主義 »

思想・哲学・宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 言語と多機能 | トップページ | 神と博愛主義 »