« 140323日記 | トップページ | 情報化時代と知恵の実 »

2014年3月23日 (日)

正しさと正しさ

人は誰でも、悪人ですらも、自らの「正しさ」を生きる。
人の数だけ「正しさ」の種類があり、どれほど種類が異なろうとも「正しさ」という点では皆同じ。
どれほどお互いの意見が異なろうとも、双方が「正しさ」を主張している限りにおいて、そのどちらもが「正しい」。
「正しさ」とは「正しさを主張すること」に他ならず、それがどのような内容であるかは一切関係が無い。

|

« 140323日記 | トップページ | 情報化時代と知恵の実 »

思想・哲学・宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 140323日記 | トップページ | 情報化時代と知恵の実 »