« 「反省芸術2.0・糸崎公朗blog3.2」に移行します | トップページ

2015年4月15日 (水)

2010年3月tweet

知り得ないことが存在するのは、それについてのルールが存在しないからである。
他人とケンカになるのは、ゲームの中に「この人とはケンカになるかも知れない」というルールが設定されているからである。ゲームの中に「この人とは絶対にケンカしない」というルールを設定すれば、ケンカになることは絶対にない。
非人称芸術を「フォトモ」に置き換えると護美になる。つまりそれは他の護美と同じく、美しい故に護られる対象として認識される。
美術館は護美集積所であって、美しいものは護られなければならない。
ルールを決めなければゲームを始めることは出来ない。 ルールを決めなければ、既存のゲームのルールに巻き込まれてしまう。
私は科学が使えないので呪術を使います。 現代の呪術は科学の断片で出来ています。
アーティストになりたい人は、いろいろなアートの真似をすればいい。真似が出来ない人は独自の道を歩み、アーティストにはなれない。
超芸術トマソンは非人称芸術の代替物に過ぎない。
蝶番を複数箇所に設けること。そうすれば反転の反転は元通りにはならない。
もっと素直に、芸術っぽい作品はやっぱり芸術なんだと、そう考えて良いのかも知れない。
信仰を変えること。そうすれば美術家にも写真家にもなれるだろう。
おそらく、自分の「好み」が非人称芸術のコンセプトを妨げている。
自分自身の感想が一番クダラナイ。
フォトモは非人称芸術の身代わりに過ぎない。
私は「美術」も「写真」も疑っているが、「非人称芸術」だけは疑っておらず、それが最大の欠点だ。
「写真」を疑ったら写真家になることは出来ない。
「美術」を疑ったら美術家になることは出来ない。
私はの視点は「写真家的視点」から絶えず逸らされている。
写真家になりたければ、写真家的に世界の捉え方を変えればいい。
知りたければ真似をしてみればいい。
言語を解体し、自分も解体する。

|

« 「反省芸術2.0・糸崎公朗blog3.2」に移行します | トップページ

思想・哲学・宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「反省芸術2.0・糸崎公朗blog3.2」に移行します | トップページ